管理栄養士でダイエットカウンセラーの伊達友美先生。

10年ほど前から、食べても痩せるという方法を紹介されてました。

そんな伊達友美先生の『食べながらラクに脂肪を減らす方法』をまとめてみました♪

スポンサーリンク




肉を食べて脂肪を減らす方法

昔は肉を食べると太る・・・なんて思ってましたが、実は肉こそ最良のダイエット食になります。

あのライザップでも赤身のお肉を食べるように推奨してますよね。

お肉を食べないと元気もでないし、代謝を良くする筋肉も増えません。そうなると、せっかく運動しても代謝が悪くて脂肪は残ったままなんてことに。

特に中年になると、筋肉があるないでも体型が違ってきますよ。

そこで、肉を食べて脂肪を減らす方法を紹介します。

牛丼セット

牛丼というと、脂身の肉とごはんで太ってしまいそうなイメージですが、一緒に食べるものでダイエット向きになります。

味噌汁・漬物・サラダがついているセットにして、つゆも増やせるならつゆだくにしましょう。

ダイエットには水分が多い方が効果が高いので、つゆだくは忘れないでくださいね。薬味の紅生姜や唐辛子も脂肪を燃やしてくれるので、多めに食べてくださいね。

私はすき家のサラダセットにキムチをプラスしてよく食べます。その時は並ではなくミニにすると、お腹の満腹具合もいいですよ。

牛丼を食べる前に、サラダとキムチを食べて味噌汁を飲んでおくと、脂肪になりにくくなりますよ。

分厚いステーキ

分厚いステーキのようなかたまり肉を消化するとき、体は内臓をフルに働かせるためにたくさんのエネルギーを使います。

食事をしている時に、体がポッポとしてくるのはエネルギーが消費されているからですね。

ですので、ひき肉や薄切り肉を食べるより分厚いステーキがダイエットに向いています。

にんにくなどの薬味や大根おろしなどをたっぷり使うことで、消化もよくなるので食べ合わせにも気を使ってください。

トンカツ

トンカツの衣は油をたくさん吸っているので、ダイエット向きではないですね。

でも食べたくなる時ってあります。

そんな時はロースではなくヒレを食べるようにします。トンカツにはレモンをかけて、ひと口めにキャベツの千切りを食べると酵素が肉の消化を助けてくれます。

魚を食べて脂肪を減らす方法

ブリやサバ、イワシやサンマなどの青魚にはDHAやEPAが含まれています。

DHAやEPAには体にたまった悪い脂を洗い流してくれる効果があるので、青魚を食べるようにしましょう。

ただ、加熱するとDHAやEPAは変質してしまうので、旬の時期に刺し身で食べるのがおすすめです。

鮭やたら

寒い地方でとれる魚の鮭やたらの焼き魚には、体を温めて脂肪を燃やしやすい体質にしてくれます。

焼き魚を食べる時は、大根おろしをたっぷり食べるようにしてください。

夏や冬におすすめの魚

カロリーが高いといえばうなぎですが、うなぎには脂肪を燃焼させる栄養素がたっぷり含まれています。

暑い夏にはスタミナを補いながら痩せることができる魚です。

寒い冬は、深海魚のあんこうがおすすめです。体を温めてくれるあんこう鍋を食べて代謝をよくして痩せましょう。

魚肉ソーセージやかまぼこ

魚肉ソーセージやかまぼこ、缶詰でも脂肪を燃やす栄養を摂ることができます。

脂肪を減らすにはべっとり体についた脂肪を燃やさないといけません。

おでんの中のはんぺんやイワシのつみれは、体を温めながら脂肪も燃やしてくれますよ。


スポンサーリンク



野菜&果物

サラダ

生野菜のサラダには生の酵素がたっぷり。

ただ、体を冷やしやすいので食べ過ぎには注意してください。オリーブオイルなどの良質なオイルをかけて食べると、体も冷えにくく脂肪が燃えてくれますよ。

いも

いもは太りやすいって思われがちですが、ビタミンCが豊富で体を温めてくれる作用があって腹持ちもいいので、ダイエット中のおやつに食べるようにしましょう。

レタス

レタスの中でも色の濃いサニーレタスやリーフレタスは脂肪を燃やす酵素やビタミンが豊富です。

よく見かける薄い色のレタスはほとんどが水分で脂肪を燃やす栄養素はすくないので、食べるなら色の濃いサニーレタスやリーフレタスを食べてください。

大豆製品

食物繊維や痩せるために必要な成分が豊富に含まれている大豆製品は、女性ホルモンを整える働きもあります。

脂肪燃焼だけじゃなく、健康にもいいので1日1回は食べるようにしましょう。

長生きホルモン(アディポネクチン)を増やす食べ物や運動は?ダイエットにもいいって本当?

脂肪を燃やしやすい旬の葉物野菜


  • 春どりレタス
  • 春キャベツ
  • クレソン
  • 菜の花
  • 夏どりレタス
  • あしたば
  • モロヘイヤ
  • しそ
  • 白菜
  • 芽キャベツ
  • 冬キャベツ
  • ほうれん草
  • 小松菜
  • 春菊
  • 三つ葉

朝におすすめのフルーツ

デトックス効果の高いフルーツは朝に食べると効果的です。

フルーツの中でもりんごやいちごは体を温めて代謝をよくしてくれる作用もあるので、食べながら脂肪を減らすのにぴったりのフルーツですね。

油で脂肪を減らす方法

ダイエットに油は禁物。

そう思っって油をとらないようにしてしまうと、腸の働きが悪くなって便秘がちになって太ってしまいやすくなります。

でも良質な油は、体を温めて内臓の働きを良くし、体脂肪を効率的に燃やしてくれます。

そこで、脂肪を減らしてくれる良質な油を紹介します。

オリーブオイル

脂肪を燃やしてくれる油として1番おすすめです。

生ではエキストラヴァージンオリーブオイル、加熱するならピュアタイプと使い分けてください。

ごま油

オリーブオイルと並んで脂肪燃焼効果が高いです。

オススメは1番絞りタイプで、生のままサラダにかけて使うといいですよ。

うちでは、レタスにごま油と醤油をかけて食べてます。

しそ油

えごまで作られるしそ油。

和風ドレッシングにするといいですよ。

亜麻仁油

亜麻の種で作られる純植物性の油です。

生のまま、酢と一緒にサラダにかけて食べるのがオススメです。

最後に

伊達友美先生のダイエットは、食べることを我慢しなくていいというのがいいですね。

食べる量を減らしたりすると、元気もなくなり便秘になり、ダイエットどころか健康に悪いです。

しかも食べながらラクに脂肪を減らせるなら、これほど嬉しいことはないですね。

脂肪を減らせる食事をして健康的に痩せましょう!

スポンサーリンク