昼間はそうでもなかったのに、夜になって横になると止まらなくなる咳。

大人でもつらい咳ですが、子どもの咳は夜も眠れず、見ていてとてもかわいそうですよね。

咳のたびに目を覚ます子どもの面倒を見るのは、ママにとっても大変です。

そもそも、どうして夜になると咳が止まらなくなるのでしょうか?

それには、「休息の神経」と呼ばれる副交感神経が深く関係しているんですよ。

夜は体が休もうとするため、緊張をほぐしてリラックスした状態になります。

体がリラックスすることで血管が拡張されて血流が良くなり、ホルモンの分泌が盛んになったりします。

副交感神経が働くことで、夜になると喉や気管支の緊張も緩和されるため、痰を出しにくい状態になって咳が出やすくなってしまいます。

長引く咳は体にとっても負担が大きいので、家庭でも簡単にできるケアを取り入れて、夜ぐっすり眠って少しでもはやく症状が治るようにしましょう。

スポンサーリンク


夜中に赤ちゃんの咳が止まらない時の対処法




まだ小さい赤ちゃんが苦しそうに咳をしていると、見ていてとても心配になりますよね。

眠いのにうまく眠れないため機嫌も悪くなり、ぐずることで更に鼻水が詰まったりもします。

赤ちゃんは大きい子と違って、まだ自分で上手に鼻水をかむことができません。

鼻水が溜まった状態でになると呼吸が苦しくなり、口で呼吸をすることで腫れた喉や気管支を刺激して咳を悪化させます。

赤ちゃんの夜の咳で一番大切なことは、鼻水を吸引してあげること。

ドラッグストアなどに売られている鼻水吸いとり器などを使って、こまめに鼻の状態を見てあげるようにしましょう。

急な咳で鼻水吸いとり器がない場合は、上半身をクッションなどで高くして鼻の通りを良くしてあげると◎

また、部屋を加湿することで喉が潤い、乾燥による刺激からの咳を防ぐことができます。

夜中に幼児〜小学生の咳が止まらない時の対処法




幼い赤ちゃんと違い、自分の症状を言葉で伝えることができる年齢になると、「鼻が詰まって苦しい」「のどが痛い」などと訴えてくれるので対処の幅が広がります。

夜中に咳がひどくなりそうな様子が見られれば、寝る前にあらかじめ予防してから寝かしつけるようにしましょう。

この年齢になると、口の中でブクブクうがいの他、上を向いてガラガラうがいもできる子もいるかと思います。

そんなときは、緑茶を急須で入れてあげ、ぬるくなったところで緑茶うがいをさせるようにしましょう。

緑茶に含まれるカテキンには殺菌作用があるため、寝る前の咳予防にも効果が期待できます。

万が一飲み込んでしまっても、緑茶なので安心ですよね。

特にアレルギーがない子は、緑茶うがいのあとにマヌカハニーをティースプーン1杯を舐めるのがおすすめ。

マヌカハニーは高い殺菌・抗菌効果があり、寝る前に舐めることで喉の炎症を抑え、虫歯・口臭予防にも効果的なんですよ。

部屋は充分加湿し、水分を取ってから寝るようにしましょう。

咳がひどい時、病院へ連れていく目安は?




風邪や喉の炎症による咳のほか、季節の変わり目によくある気温の寒暖差によっても咳は誘発されます。

熱もなく咳の症状だけが出ている場合、どのタイミングで病院へ連れていけばいいのか悩んでしまうママも多いかと思います。

咳にはいくつか種類があり、ただの咳と思っていても怖い病気が隠れている場合もあります。

症状をよく観察して、少しでも違和感があれば大げさと思わずに病院へ受診するようにしましょう。

[ad#co-2]

湿った咳

痰が絡んでいるような咳の場合、鼻水の症状も出ていることが多いです。

湿った咳をしている時は、鼻水をよくかんで水分を多く取ることが大切です。

痰によって肺に炎症が起こると肺炎を引き起こしますが、肺炎の場合は高熱が出るのが特徴なので、湿った咳だけの時は1週間ほど様子を見ても問題ありません。

乾いた咳

コンコンと乾いた咳が出ている場合、鼻水などの痰の症状はあまりなく、その多くは気管支炎や喘息・アレルギーや乾燥が原因によるものが多いです。

喉や喉の奥がむず痒くなるのも特徴で、この場合は部屋をよく加湿して水分をこまめに取流ようにしましょう。

少しの刺激で咳が出やすくなっているので、部屋はこまめに換気をして掃除をし、ホコリなどにも注意します。

熱がなければ1週間ほど様子を見ても大丈夫ですが、声が出なくなるなどの症状が出た場合には急性喉頭炎などが疑われるため、早めに病院を受診するようにしてください。

犬吠様咳嗽(けんぼうようがいそう)

あまり聞きなれない咳の種類ですが、犬が吠えるような「ケンケン」「キャンキャン」という少し乾いたような咳の仕方が特徴です。

この咳の仕方はとても危険で、呼吸困難を引き起こす可能性が高いため、夜中でも夜間救急を受信するなど早急な対応をするようにしてください。

特徴としては他にも、息を吸う時に鎖骨の中央あたりがペコペコとへこんだり、呼吸がうまくできずに苦しがっている「ケンケン」「キャンキャン」の他にも「ケーンケーン」「ヒューヒュー」などの呼吸の仕方をする場合もあります。

気管が狭くなって窒息する恐れがあるため、夜間救急の当番医がどこか分からない場合は救急車を呼ぶなどの対応が必要です。

最後に

子どもの咳は夜にひどくなることで、寝ぐずりの原因にもなり、ママにとっても大変ですよね。

少しの咳なら家でもケアして様子を見ることができますが、あまりにひどいようなら小児科を受診して咳止めや痰切り剤などをもらうようにしましょう。

ひどくならないためには、日頃の予防も大切です。

緑茶うがいなどは普段から取り入れることができるものなので、ぜひ取り入れてみてくださいね。

スポンサーリンク