1日の疲れを癒すバスタイム、お気に入りの入浴剤やバスミルクを使用する家庭も多いですよね。

せっかくゆっくりとお風呂につかろうとしたのに、追い焚きしたお湯に茶色い汚れが浮かんでいたり、なんとなく生ぐさい臭いが漂ってきた経験はありませんか?

そんなサインがあったら、風呂釜の掃除をするタイミングだといえるでしょう。

そこで、追い焚きできる風呂釜の掃除に重曹は使えるかどうかやおすすめのやり方について紹介します♪

スポンサーリンク


風呂釜には菌がたくさん!?



いつも温かく濡れた状態にある風呂釜配管は、雑菌の温床。

いくら清潔にしてからお湯につかったとしても、人の体にはさまざまな菌がいます。

その菌は風呂釜をつたって配管にまで入り込み、匂いやぬめり・雑菌の繁殖の元になります。

風呂釜配管から検出される「雑菌」はたくさんの種類があり、代表的なものとしては

  • 黄色ブドウ球菌
  • 大腸菌
  • レジオネラ菌
  • 緑膿菌
などがあります。

黄色ブドウ球菌は、子どものすり傷などから感染するととびひの原因にもなります。

大腸菌は下痢を誘発し、細菌性髄膜炎など子どもにとって怖い病気の元になります。そして、レジオネラ菌は体内に入ることでレジオネラ症を発症し、肺炎などの症状を伴います。

風呂釜配管の汚れは匂いやぬめりの元になるだけでなく、疲れて免疫力の弱った子どもにも害を引き起こすんですよ。

家族の健康のためにも、こまめに掃除をして、できるだけ清潔に保つようにしましょう。

追い焚き機能つきの風呂釜掃除に重曹は使える?アカや汚れを取る洗剤は?



風呂釜配管をできるだけ清潔に保つためには、1ヶ月に一回のペースで掃除をするのが理想的。

とはいっても、どうやって掃除をしたら良いのでしょうか?

子どもがいる家庭では、素肌に触れても安心な掃除方法をしたいところ。

その点、重曹は料理にも使用でき、水質汚染の心配もなく人体に影響がないのが安心。

また、重曹は弱アルカリ性で肌をすべすべにしてくれる効果があり、風呂釜配管にこびりついた皮脂汚れや水アカを中和する効果があるので、風呂釜掃除にもおすすめです。

また、市販の風呂釜掃除用の洗剤はそのほとんどが酸素系漂白剤のため、アトピーや乾燥肌の方でも問題なく使用することができますよ。

スポンサーリンク


風呂釜の掃除方法、1つ穴タイプと2つ穴タイプのそれぞれのやり方は?



浴槽とつながり、お湯を沸かす機能のある風呂釜ですが、そのつながりの接続部分は配管になっています。

浴槽に溜めておいた水を風呂釜に吸い込み、温めてから浴槽に戻すつなぎの部分の配管ですが、この部分を重点的に掃除する必要があります。

風呂釜は、お湯の循環のさせ方によって1つ穴タイプか2つ穴タイプに分けられます。

1つ穴タイプの掃除方法

わりと新しいタイプの浴槽に設置されている1つ穴式の風呂釜は、強制循環タイプと呼ばれ、循環させる際の水流が強いため汚れが溜まりにくいのが特徴です。

掃除をする際は、必ず入浴剤の使用していない残り湯で行います。

  1. 風呂釜の穴がすっぽり隠れるくらいの残り湯があるのを確認し、市販の洗剤または重曹1カップを入れて追い焚きします。

  2. お湯の温度が手を入れて少し熱いと感じるまで追い焚きをしたら、そのまま数時間〜一晩放置します。

  3. 時間が経ったら栓を抜いて、汚れがひどい場合はもう一度お湯を張り、追い焚きをしたあと流して捨てるようにします。

2つ穴タイプの掃除方法

古いタイプのお風呂に多いのが2つ穴式の風呂釜で、浴槽内のお湯の対流を利用して自然循環させる仕組みになっています。

お湯の流れがゆっくりなため、配管に汚れが溜まりやすいのが特徴です。

2つ穴の場合は市販の専用洗剤と重曹では掃除方法が違うので要注意。

市販の専用洗剤の場合
  1. 市販の専用洗剤を使用する場合、2つの穴がすっぽり隠れるほどの残り湯があることを確認します。

  2. ポンプ式の市販の専用洗剤を上の穴にポンプ注入したあと、少し熱めのお湯になるまで追い焚きをします。

  3.     
  4. そのまま数時間放置したあと、お湯を流します。流したあとは、上の穴にホースやシャワーで水圧の高い水を入れ、下の穴から汚れが出切るのを確認します。

重曹を使用して掃除をする場合は、市販の専用洗剤とは掃除方法が異なるので注意しましょう。

重曹の場合
  1. 残り湯をすべて捨て、下の穴にタオルを詰めて塞ぎます。

  2. 上の穴に重曹1カップを入れたあと、50度のお湯をホースかシャワーで注入します。このとき、穴からお湯がこぼれない程度に風呂釜に入れるようにしましょう。

  3. 2時間ほど放置したあと、下の穴のタオルを取り外し、ホースで勢いよく上の穴に水を流し込みます。

  4. 下の穴からもホースで水を流し込み、完全に汚れができるのを確認します。

最後に

汚れが溜まりやすい1つ穴タイプの風呂釜は1ヶ月おきに、2つ穴タイプは2ヶ月おきに掃除をするようにしましょう。

風呂釜配管の掃除を怠ることで、さまざまな雑菌が繁殖し、病気や肌荒れの原因になります。

こまめに掃除をして、清潔な浴槽を維持するようにしましょう!

スポンサーリンク