子どもたちにとって、新しい門出となる卒園式。

ご両親にとっても、ここまで無事に成長できたことや今までの育児を思い出し、感慨深いものがあると思います。

新一年生に向けて、新しい一歩を踏み出そうとする子どもたちの背中を見守るためにも、卒園式には夫婦そろってきちんとした装いで出席したいところ。

そこで、幼稚園の卒園式の母親の服装でおすすめのものを紹介します♪

スポンサーリンク


幼稚園の卒園式での母親の服装は?



入園式の晴れの日と違い、卒園式のテーマは

決められた教育課程を修了した子どもたちを祝い、別れの式典を行う

というもの。


お別れの会なので、できるだけ明るく派手な色合いは避け、黒や紺、ダークグレーなどのシックな色合いのスーツを選ぶようにしましょう。


入園・入学式と兼用できるように、明るい色合いのスーツを着用するお母さんも中にはいらっしゃいますが、基本はブラックフォーマルな装いを心がけたほうが無難だといえます。


そこで、シックな色合いのワンピースやスカート・パンツにジャケットを合わせるようにしましょう。


スカートの丈は膝下を選ぶようにして、謝辞などで立ったり座ったりすることの多い式典中にかさばらないデザインのものを選ぶようにすると◎

ドレスコードが決められていないような、自由な幼稚園の場合は、普段着として着まわしもできるセットアップがおすすめ。

セットアップの上にジャケットを羽織れば、きちんと感も出るので、卒園式にぴったりのコーディネートになりますよ。


アクセサリーやコサージュ・バッグの選び方は?



スーツがブラックフォーマルだと、アクセサリーは目を引くようなものを選びがちですが、卒園式は子どもたちが主役の正式な式典。

できるだけ、上品でシンプルなアクセサリーを身に付けるようにしましょう。


卒園式のマナーとして最もふさわしいのはパールのアクセサリーです。


あまりダランと長すぎるネックレスは避け、鎖骨の下あたりまでのパールのネックレスを選ぶほうが、目線も上に上がって全体のバランスが良く、引き締まって見えます。


シンプルで飾り気のないジャケットには、胸元にコサージュの飾りをつけると、一気に華やいだ雰囲気に変わりますよ。

バッグはシックな小さめのものを選ぶようにして、サブバッグを持っていくようにしましょう。

光沢のあるサテン地のものなどは、同じ黒や紺でも質感でコーディネートに差をつけてくれるので、おすすめですよ。

[ad#co-2]

服装や着こなしで注意する点は?



卒園式での装いの基本はフォーマルです。

品があってシンプルなワンピースやパンツスタイルに、ジャケットは必ず羽織るようにします。

足が露出されすぎるような短い丈のスカートやくるぶしまで来るようなロングスカートは避けて、膝が隠れるくらいの長さのものを選ぶようにします。

ストッキングはベージュで、黒は選ばないようにします。


全体的な色味としては、黒・紺・ダークグレーに、パールやコサージュに淡い色合いのものを持ってきてポイントになるようにしましょう。

パンプスはオープントウやバックストラップを避け、かかとが3〜5㎝のパンプスを選ぶようにします。

派手な装飾が施されたパンプスなどは、卒園式には相応しくないので避けるようにしましょう。

幼稚園の卒園式での父親の服装は?



お子さんの卒園式に出席する際、ほとんどのお父さんはスーツを選ばれると思います。

夫婦で色合いを合わせたスーツのほうが、写真写りも良く、まとまって見えます。

スーツは、できれば一着は持っておきたいシンプルなもののほうが、シックで落ち着いて見えます。

女性のフォーマルスーツと違い、男性のスーツは遊びの幅が狭いので、カッターシャツやネクタイに遊び心を持つと華やかに見えます。

全体が真っ黒になりすぎるのは避け、カッターシャツは白以外に、淡い色合いのピンクのストライプ柄や淡い水色も素敵です。

カッターシャツを白のシンプルなものにする場合は、ネクタイをピンクやシルバーなどの明るい色合いにするのが無難です。

黒いネクタイは避けましょう。

最後に

卒園式は子どもたちにとってのお祝いの場。

そんな卒園式に参加した時に、周りのお母さんたちを見て、私の服装はちょっと違うかも・・・

なんて思わなくて良いように、夫婦そろって上品でシックな装いをして、大切な思い出に残る1日にしてくださいね。

スポンサーリンク