年に2回の大イベント、衣替え。

大イベントと言うと大げさのように聞こえますが、家族全員分の衣替えとなると枚数もかさんでとっても大変!

部屋中が洋服だらけになり、気がついたらあっという間に夕方‥なんてことも。

そんな面倒な衣替えをしないコツを紹介します。参考にどうぞ♪

スポンサーリンク



衣替えをしないコツってあるの?



夏場に着ていたキャミソールやタンクトップだけど、秋の衣替えのときにしまおうか悩んだりしませんか?

少し肌寒くなってきた時季や冬場など、重ね着したいけど厚着は嫌だな、という時に意外と重宝するのが薄手のもの。

そうなってくると、衣替えをする衣類にも悩み、ついには手が止まってしまうことも。

だったらいっそのこと、衣替えをしないという選択をするのもありかな、と思いますよね。

衣替えをしないために気をつけるコツ

衣替えをしないためには、普段使っているクローゼットや押入れに、すべての衣類が収まるようにしなければなりません。

まずは、持っている衣類を整理しましょう。

2年以上着ていない、いつか着るかも‥と思ってそのままにしている衣類は、思い切って処分したり、違うものにリメイクしてクローゼットから追い出しましょう。

気に入って購入したけど、家に帰ってクローゼットを開けたら、似たようなデザインのものをすでに持っていた‥なんていうのは、特に女性に多いように感じます。

1着購入したら、1着は処分したり人にあげたりするように心がけ、いつでも余裕のあるクローゼット作りを心がけましょう。

衣類は、できるだけ収納スペースに収まる量だけを持つように気をつけます。

いらなくなった衣類は有効活用することで、衣替えをしなくても、いつでもすっきりとしたクローゼットを維持することができます。

いらない服でウエス作り!

「ウエス」という言葉をご存知ですか?

ウエスとは、機械についている油類をふき取ったり、ほこり・汚れなどを取り除くための布のことです。

ちょっとしたテーブルの汚れや洗い物をしたあとの水はねした流し台の周り、コンロの周りの油汚れや床掃除など、使い方は自由自在。

掃除をするための布のことを言いますが、いらない服で簡単に作ることができるんですよ。

(材料)
  • いらない衣類
  • はさみ
たったこれだけ!

もう着ない衣類をハンカチサイズにカットして、100円ショップなどに売っている木箱やワイヤーカゴなどに入れておけば、いつでも使いたいときにサッと取り出すことができます。

使い終わったウエスは、そのままゴミ箱へ。

掃除に雑巾を使うと洗うのが面倒ですよね。捨てにくい洋服を捨てられる雑巾にすれば、一石二鳥です。

衣替えがいらなくなる収納術!

クローゼット編



まずは、クローゼットから。

クローゼットは全体を上と下に分割して収納します。

上にはつっぱり棒などを使用し、上着やシワになりやすいものをハンガーにかけて収納します。

下にはクリアケースや棚を配置し、畳んでも大丈夫な衣類を収納するようにします。

せっかく購入したのに、サイズが合わなかった!なんてことがないように、クリアケースや棚はあらかじめ寸法を測ってから配置するようにしましょう。

わたしの場合ですが、収納するときは
  • Tシャツ
  • デニム
  • スカート
  • ワンピース
  • ニット
  • 肌着類
に分けるようにしています。

分けて収納することで、朝の忙しい時間やちょっと着替えて出かけたいとき、すぐに服を取り出すことができるのでおすすめです。

スポンサーリンク


押入れ編

次に、押入れの収納術を紹介します。



押入れに衣類を収納する場合は、衣装ケースやワイヤーラックを有効活用しましょう。

靴下や下着は仕切りつきのケースにくるくるっと丸めて片付けるようにすると、見た目も綺麗に分かりやすく収納できます。

ニットやワンピースなど、素材がやわらかい衣類は畳んで段重ねに収納し、Tシャツやデニム、スカートなどは畳んだあとに縦に収納するようにしましょう。

生地が厚くかさばる衣類は、縦に収納することでスペースを有効活用することができます。

一枚引き抜くたびに収納ケースの中が汚くならないよう、ブックスタンドで縦収納した衣類を支えるのがおすすめ◎

ブックスタンドは100円ショップでも購入できるので、手軽に取り入れることができる便利なアイテムですよ。

クローゼットや押入れをゆとりのある整理整頓された空間にすることで、運気もアップ!?

玄関周りや家の中を整理整頓し、掃除が行き届いていると、運気が上がるというお話を聞いたことがあると思います。

見える場所だけではなく、収納スペースに物がぎゅうぎゅうに詰まっていると、ほこりや汚れ・悪い運気が溜まりやすくなるんです。

押入れやクローゼットは、衣類や物を収納する「溜める場所」です。

ここを余裕のある整理整頓された場所にすることで、運気を上げて金運を溜める場所にしましょう。

収納スペースに入る分だけの服を管理することで、無駄遣いも減るので、たしかに理にかなっていますね。

最後に

家族全員分の衣類を収納するとなると、それなりにスペースが必要になります。

まずはいらない服を処分して、収納に収まる量を決め、クリアケースや衣装ケース、つっぱり棒などを使って、衣替えいらずのスッキリとした押入れを目指し、同時に運気も上げてしまいましょう。

スポンサーリンク