子供の急な発熱の対処法!こんな時はどうする?

何か熱い!

ちょっとグズグズいう子供の体を触ったら
熱があった!という事はないですか?


子供ってさっきまでは元気だったのに
急に体調が悪くなることも多いです。


そんな時に気になる

病院へ連れて行く?
熱さましを飲ませるべき?
熱がある時のお風呂ってどうするの?
汗をかかせて熱をさましたほうがいいの?

について、うちの子の体験談も一緒に情報をシェアします。
参考にどうぞ!
スポンサードリンク



どのくらいの熱で病院へ行く?


うちでは、子供の体温を元気な時でも図るようにしています。
そうすると、いつもと違う体温の時がわかるからです。


夏の暑い車の中だと37.5℃なんてすぐに出てしまいます。
それに、冬に厚着をさせてちょっと走ったりすると、
37℃超えはあたりまえです。


そんなうちの子の体調がわるくなる熱は38.5℃を超えた時です。
熱に強いのか、38℃ぐらいではインフルエンザじゃなく普通の風邪なら
元気に過ごしてます(顔は赤いです)


でも、38.5℃以上になって、39度を超えたら
時間によってはすぐに病院へ連れて行きます。


かかりつけの先生は自宅の横が病院なので
夜、平日で遅い時間じゃない時は、
夜間連絡として先生の自宅に電話をします。


大体診てくれるので、念の為にいつもの先生にお願いします。
でも、お盆やお正月などの連休は、さすがに病院もお休みなのと
ずうずうしく先生に電話できないので、急患センターに連れて行きます。


急患センターでは、症状によって、熱さましと抗生剤をもらいますが
あくまでも休みの分だけなので、その後にかかりつけの先生にはみてもらいます。


急な発熱で病院へ連れて行くかどうか

・熱が平熱よりも高いかどうか
・食欲や機嫌はどうか
・お腹はこわしていないか
・周りで流行っている病気はないか
・体に発疹はでていないか

この辺りを確認して判断します。
連休などは、ひどくなる前に連れて行くというのもありますが
平日の夜に気づいたなら、一晩様子を見てもいいです。


お母さんは子供の様子を見て
熱はあるけど大丈夫そう・・・って判断はできると思います。


病院に連れて行かない場合は、ちょこちょこ熱を測りながら
水分をきちんと取らせて様子を見てあげてくださいね。
水分が取れてない時は、病院へ連れて行きましょう。

スポンサードリンク



熱さましはすぐに飲ませる?



熱さましは38.5℃以上の時に使うように
うちの子のかかりつけの先生は言われています。

熱を出すというのは、体の中で病原体と免疫が戦っているからなので
無理に熱を下げるのはやめた方がいいんだそうです。

それに、あまり高くない熱の時に熱さましを使って
体温が下がり過ぎる時もあるそうなので、
うちでは38.5℃を目安にしています。

それでも、機嫌が良くて、アイスクリームやプリンなど
なにかしら食べたりできる時は使いません。

でも、はぁはぁ言いながら、時々夜泣きのように泣いてしまって
十分な睡眠がとれていないようだったら、熱さましを使ってました。

小さい時は座薬だったので、これを入れる時に期限が悪くなったりしましたが
薬が効くと、少し寝てくれたので、親としても安心できました。

お風呂は入れていいの?



さすがに熱が高い時は、お風呂は控えてください。
汗をかいていたら、お湯で絞ったタオルでさっと拭いてあげるぐらいにします。

お風呂は、入れた後に注意が必要です。
大人もそうですが、お風呂から上がるとちょっと疲れてしまう時がないですか?

あれは、体力を消耗しているからです。
健康な時でもそんな状態になるのに、熱があって体力が落ちていたら
さらに体力を消耗して、治りが悪くなったりします。

それと気を付けないといけないのが
お風呂上がりです。

夏はクーラーで冷えたり、
冬は湯冷めしたりもするので、
室温には注意してくださいね。

子供は数日お風呂に入らなくても臭くならないので
着替えをさせる時拭いてあげる程度でも大丈夫です。

汗はかかせた方がいい?


昔は、熱を出すと布団をいっぱいかけられて
汗をかくようにさせられてました。
母親から「汗が出たら熱がさがるからね~」と。


でも、今はこれは子どもにはNGなんです。


ある程度体力がある人には、漢方薬をお湯で飲んで
発汗させて熱を下げる方法もありますが、
子供が熱を出して暑がっている時は、
手足の状態を触ってみて、かなり熱い時は
冬でもお腹だけに毛布をかけるぐらいにしていいです。


実際に、真冬に熱を出した時
部屋は暖房は入れていても、かなり寒かったんですが
手足がかなり熱くなって、顔も真っ赤だったので
毛布をお腹だけにかけて、手足は外に出していたら
翌朝、熱がかなり下がったことがあります。


ここは、子供さんの様子を見て、お母さんが判断してあげてください。


最後に


子供が病気の時は、どれもこれも心配でたまらなくなるのが親心です。

その時は、子供の様子をしっかり見て
薬を上手く使ったり、体を温めすぎないようにして
気になる変化があった時は、病院へ連れて行きましょう。

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ