コーヒーの効果が出る時間は?カフェインは眠気に効かない?

コーヒーを飲むと眠くならないってよく聞きますが
本当だと思いますか?


私は、すぐに眠くなるたちで、
その対策のためにコーヒーを飲むんですが
全然効果が表れません。


それはどうしてかというと・・・
飲む時間や使い方を間違っていたんです。


今回はコーヒーの成分で有名なカフェインについて
その効果を十分に発揮するための時間の使い方などを紹介します。

スポンサードリンク


コーヒーで眠くならないって本当?


コーヒーのカフェインには、覚醒効果があります。
名前の通り、目を覚ましてくれたり、眠気防止に効果があります。


うちの子の友人で、塾の授業中によく居眠りしている子がいるんですが
その子が、最近、授業の前にコーヒーを飲むようになったら
きちんと起きていられるようになったんです。
これもカフェインの効果ですね。


塾の先生から「今日は眠たくないのか?」と尋ねられて
「はい!コーヒー飲みましたから」と答える友人を見て
うちの子は「コーヒーって凄いね~」なんて話してました。


でも、これ、みんなに効果があるものではないです。
私もコーヒーはよく飲みますが、22時以降に飲んでも
眠気は収まりません。


覚醒どころか、反対に凄い睡魔に襲われている感じまでします。
酷い時は、洗濯機の前に立って、夜の洗濯物を取り出しながら
寝落ちするぐらいなんです。


一種の病気かとも思えますが、人には色んな体質があるように
カフェインも効く、効かない体質や、飲みすぎて、
カフェインの効果に慣れてしまった場合もあるんです。


なので、コーヒーを飲んでカフェインを摂ったから
もう眠くない!という保証はありません。
カフェインを過信したらいけませんよ。

スポンサードリンク



カフェインの効果を十分に発揮する飲み方や時間は?


カフェインの効果を過信したらいけませんが、
上手に取り入れる工夫はできます。


私の場合、夜にコーヒーを飲んでも、覚醒効果はない時がほとんどです。
でも、昼の場合はちょっと違います。


そこで、私が昼に取り入れている飲み方や時間についてシェアしますね。


カフェインの効果が出てくるのは、コーヒーを飲んでから
30分~1時間ぐらいだと言われています。


そして、アイスで飲むかホットで飲むかで、
効果の出てくる時間に少し違いがあります。
アイスコーヒーだと1時間、ホットだと早くて30分~1時間です。


この時間を上手く使います。
フルで仕事をしている人は難しいと思いますが
私は午前中だけのパートなので、午後は比較的時間があります。


普段、夜が遅く朝が早い為、睡眠時間は4時間半ぐらいと短めなので
夜はカフェインの効果が感じられないくらいの睡魔に襲われることに気づきました。


そこで、対策として、あまりにも睡眠時間が短い場合は
昼寝をするようにしています。


最初のうちは、ただちょっと横になるつもりが
目覚ましを30分後にかけていても目が覚めません。
ボーっとしてまたうとうと・・・。


そんな風にしていると2時間何てあっという間です。
そこで起きて、目覚ましにコーヒーを飲んでましたが全然覚醒しません。


これはコーヒーを飲む時間を間違えてるんです。
そこでやったのが、昼寝をする前にコーヒーを飲むという事です。


先ほど言ったように、コーヒーのカフェインの効果が出てくるのは
30分~1時間見ておけばいいので、昼寝をして起きたい時間に合わせて
カフェインの効果をでるようにしてあげればいいんです。


この方法をやりだしたら、30分ぐらいの昼寝でも
すっと起きられるようになりました。


そして、昼寝をすることで、夜の酷い寝落ちも無くなりました。
生活スタイルによっては、こういう昼寝はできないかもしれませんが
昼寝をするとダラダラして起きれない!
そんな悩みがある人は1度試してみてくださいね。


最後に


昼寝の時に上手くコーヒーを利用するようになるまで

「コーヒーを飲んでも眠くなる」
「コーヒーのカフェインは眠気防止には効かない」

と思っていましたが、単に、自分の使い方が悪いだけでした。


今は昼に使って、短時間でも睡眠をとることで
1日の時間でボーっとする時間が減って良かったと思ってます。


コーヒーのカフェインには、覚醒効果だけじゃなく
他にも色んな効果あります。


特に気になるのはダイエットに最適だということ。
これも、飲む時間にコツがあるので、その話題はまた紹介したいと思います。


私と同じように「コーヒーは効かない!」と思ってるなら
1度飲む時間に注意して、本当に効かないか試してくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ