食べても太らない体になろう!代謝アップで痩せ体質に

ダイエットの事が気になりだすと
代謝という言葉をよく耳にします。


「若い時は代謝がいいけど、歳をとってくると代謝が悪くなった・・・」


この代謝。
代謝がアップすると食べても太りにくい体になることができるんです。


このまま何もしないとおばさん体形にまっしぐら。
まずは代謝を上げて「食べても太りにくい」体質になってみましょう。

スポンサードリンク



代謝って何?


代謝とは、体や内臓をうごかすことで、
体内に取り込んだ食べ物のカロリーを消費して
古い細胞を新しいものに再生するサイクルのことです。


体温の調節や呼吸、肌の生まれ変わりなどもすべて代謝によるものです。
子どもの体温が高かったり、背がぐんぐん伸びるのも代謝が活発だからです。
子どもがちょっと動くだけでも汗が出るのは代謝がいいからですね。


代謝は何もしないと下がるの?


代謝は上げる努力をしないと下がる一方です。


若いころと同じ生活をしていても、
体内に取り込んだ食物をエネルギーに変える力(代謝)が落ちれば、
消費されなかったカロリー分は脂肪になって蓄積します。


これが10年も続けば、どんどんおばさん体形になっていくのです。

加齢に負けないように、代謝をあげる努力をしないと体形のおばさん化は防げません。


チェックの数が多いと代謝がさがってますよ!


自分の代謝は下がってるかどうか心配な人はチェックしてみてください。

体の変化
□汗をかかなくなった
□厚着になった
□階段を上がると息が切れるようになった
□唇や歯茎の色が赤紫に近くなってきた
□平熱が低くなった
□寝起き・寝つきが悪くなった
□便秘がひどくなった
□疲れやすくなった
□手足がむくみやすくなった

生活の変化
□3食きちんと食べない日が増えた
□電車やバスで空席を見つけるとすぐに座ってしまう
□クーラーの効いた部屋にばかりいるようになった
□起床・就寝などの生活リズムが不規則になった
□近所へ出かける時に車を使うようになった
□友人と外出したり、買い物をしたりすることがなくなった
□食事をしている時に「おいしい」と感じることが少なくなった
□おもいっきり運動する日がなくなった

スポンサードリンク


代謝アップするために気を付けることは?

代謝は大きくわけて『基礎代謝』『生活活動代謝』の2つがあります。

『基礎代謝』

呼吸や体温調節、脳や内臓を働かせるなど生きていくのに最低限必要なエネルギー。
1日の総消費エネルギーの約7割を占めています。
その中でもっともエネルギー代謝が多いのが筋肉です。
筋肉をつければ基礎代謝がアップします。


自分の基礎代謝量を計算してみましょう。
基礎代謝量自動計算ツール


『生活活動代謝』

家事や仕事、運動など日常の活動で体を動かす時に消費されるエネルギーのことで
1日の総消費エネルギーの約2割を占めています。
運動量が増えれば増えた分だけ生活活動代謝によるエネルギー消費量も増えます。


生活活動強度って???
消費エネルギーの計算もできますよ

1日中家にいて体を動かさない日と外に出て積極的に動いた日では、ご飯2・5杯分ほどの
カロリー消費量が違います。
いつもよりも積極的に動く日を増やしていくだけで「痩せ体質」に近づきます

動く

基礎代謝も生活活動代謝も体を動かす事で増えます。体を動かさないとどんどん減っていく一方なので
とにかく体を動かすようにします。動かすのは何でもOK。
ストレッチやウォーキング、拭き掃除もいい運動です。
積極的に体を動かす事が代謝アップの近道です。

食べる

『ダイエット=食べない』は間違いです。
食事量が減ると一時的に体重は落ちますが、筋肉量も減ってしまいます。
食事量が減ると、体が省エネモードになり、ますます代謝が下がります。
バランスよく食事をして、体を動かして、筋肉量を増やして代謝アップしましょう。

寝る

睡眠不足の代謝アップの妨げになります。折角昼間に体を動かしても、
睡眠がきちんととれていないと睡眠中に分泌される成長ホルモンが減り、筋肉が作られません。
運動しているのに筋肉にならないな~と思ったら、睡眠がとれているか振り返ってみましょう。

笑う

折角、積極的に体を動かして代謝アップしようとしているのに、
「辛いな~」「苦しいな~」って思っていると代謝が上がる前に挫折してしまいます。
ストレスはダイエットの敵。
ちょっとでも頑張ることができたら自分で褒めて、笑顔を出すようにしましょう。
笑顔がどんどん出てくるようになると痩せ体質も近づいてきます。

【こんな記事も読まれています】
半身浴で痩せるにはやり方にコツが!半身浴で気をつけたいことは?

断捨離で痩せる!?断捨離ダイエットのやり方と注意点は?

むくみの解消は顔からしよう!むくみ予防と簡単解消法で身体もスッキリ

しみやそばかすは皮膚科の薬が効く?皮膚科にいってみた結果は?

白湯ダイエットのやり方は?基本はこれ!

夏肌のケアに冷やし美容って悪いの?

トマトダイエットの効果は?昼と夜どちらで食べる?

ワインオープナーエクササイズの効果がでるやり方は?

スポンサードリンク


オススメの記事

One Response to “食べても太らない体になろう!代謝アップで痩せ体質に”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ