牛赤身肉をやわらかく焼く方法!色んなステーキたれで食べてみよう

牛の赤身肉はダイエットにも最適のお肉ですけど、焼くとかたくなってしまいませんか?


凄く高いお肉なら柔らかいかもしれないですが、そんなお肉は滅多に食べれません。


そこで、牛赤身肉をやわらかく焼く方法を紹介します。お肉にあうステーキタレも一緒に紹介します。

スポンサードリンク


牛赤身肉をやわらかく焼く方法


時間があればやっておきたい下準備

お肉を明日食べる!!

と時間に余裕があるなら、ステーキ屋さんでもやっている下準備をしておきます。

バットにお肉を並べ、そこに輪切りの玉ねぎをのせます。

そしてお肉が浸かるくらいのサラダ油を入れ、一晩冷蔵庫で寝かせると、熟成肉のようになって柔らかくなり、肉の臭味もなくなります。

TV番組で、この下準備をしたお肉と高級お肉の食べ比べをしていたんですが、高級お肉ばかり食べているセレブ主婦が、何人も安いお肉の方が美味しいと回答してましたよ。

牛赤身肉の焼き方


牛肉は冷蔵庫から出して、そのまま焼くのはNGです。

2㎝以上の厚みがあるお肉は、肉が冷たいと火の通りが悪くなります。

焼く30分ほど前に冷蔵庫から出して常温に戻して焼きます。

その際はしっかり熱したフライパンを使います。

好みや料理によって焼き加減は違いますが、どの焼き方にも共通するポイントは、肉を裏返すのは1回だけということです。

何回もお肉をひっくり返していると肉汁が逃げてしまい、ジューシーな仕上がりになりません。

とにかくじっと我慢して1回だけ裏返すようにします。

牛肉の場合は、焼いたあと少しねかせるのがポイントです。

焼き終わったらアルミホイルで肉を覆い、冷めないようにして3~5分ねかせます。

こうすることで、厚切り肉も余熱でしっかり中まで火が通り、ジューシーに仕上がります。

スポンサードリンク


ステーキたれのレシピ

【ねぎ塩レモンソース】4人分
フライパンにごま油大さじ4とみじん切りにした長ねぎ100g、
小口切りにした赤唐辛子1/2本分を熱します。
しんなりしたら、水1カップ、鶏がらスープの素小さじ2、塩小さじ1/2を加え
沸騰したら火を止めます。レモン汁大さじ1とあらびき黒こしょうを適量混ぜて出来上がり。

【マスタードバーベキューソース】4人分
ボウルに中濃ソース・ケチャップ各大さじ4、フレンチマスタード大さじ2
はちみつ小さじ2を混ぜ合わせて出来上がり。

【おろしトマトポン酢たれ】4人分
トマト大1個は角切りにしてボウルに入れ、塩小さじ1、おろしニンニク・コショウ各少々
ごま油大さじ2を加えて混ぜます。
大根おろし大さじ6の水気を軽く切り、ポン酢しょうゆ大さじ4~6とボウルに加えて
さらに混ぜて出来上がり。

【和風きのこクリーム】
しめじとエリンギを合わせて200gを2cmの長さに切ります。
フライパンにバターを30g熱してきのこ類を炒め、めんつゆ(3倍濃縮)大さじ3
砂糖小さじ2を全体にあわせます。
水分が飛んだら、生クリーム120㏄を加え、とろみがつくまで火にかけ
塩と粗びき黒こしょうをお好みで振り入れて出来上がり。

牛赤身肉はとにかく余熱で焼きましょう!

中まで火が通っていないと心配になる肉の焼き加減。
でも牛肉は、豚肉や鶏肉と違い、火をしっかり通すのは表面だけでいいです。
・肉は常温に戻す
・アルミホイルに包んで余熱で焼く
このポイントをしっかり押さえれば、軟らかくおいしいお肉に焼きあがるので1度試してみませんか?


スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ