皆既月食が2015年4月4日に観察できる時間は?観察の準備や注意点

皆既月食が2014年10月8日にあったのを覚えていますか?
あの日は、うちの地区では雲ひとつなく、
キレイな皆既月食を観察できました。

2015年は4月4日に皆既月食が見られます。
次に日本で皆既月食が見られるのは2018年1月31日です。

なかなかチャンスがないので、天気が良ければ
親子で観察してみませんか?

スポンサードリンク


皆既月食の仕組みは?種類はあるの?

月食には「皆既月食(かいきげっしょく)」と
「部分月食(ぶぶんげっしょく)」があります。

「皆既月食」は太陽の光が地球に当たり、
その影が月全体を隠してしまう仕組みになっています。

「部分月食」は名前の通り、地球の影が月の一部を隠す現象で
月の一部が欠けているように見えます。

月に当たる地球の影は、月を食べたように
月をかけさせていくので「月食」という名前がつきました。

月がかじられたようになっているので
小学校低学年の子どもに、「月が食べられてるよ」というと
凄く興奮して色々お話を考えてくれます。

ウサギがかじった、かぐや姫が食べた・・・
こういうことしか思いつかないみたいですが、
キラキラした目で月を見上げているので、見せてあげられてよかったと思います。

皆既月食のためになる話

影に隠れると聞くと、月が真っ黒になってしまうイメージありますが
実は、赤黒い月になっています。

どうして赤黒くなるかというと
太陽の光に含まれているいろいろな色があるんですが、
その中の青色などは波長の短い光で、地球に当たり、
地球を通過する時に、大気中にほとんど散らばります。

でも、赤色のような波長の長い光は大気中で散らばりにくく
わずかな赤い光が残ります。
その光が、地球の大気によって曲げられることで月に届くので
赤黒く見えるのです。

子どもさんが「真っ黒にならなくて、ちょっと赤っぽいね」
なんて言ったら、是非教えてあげてください。

こういうことで色んな興味がわいてきますね。

4月4日の皆既月食の時間は?

19時15分に部分月食が始まり、20時54分から21時06分が皆既月食です。
その後、22時45分まで部分月食が続きます。

4月4日の皆既月食は天気が良ければ、
日本全国で観察できます。

小学生の低学年だと、寝る時間も考えないといけないので
最初から最後まで見せてあげられないかもしれませんが、
月が少しずつ欠けて行き、すべて隠れるところまで見せてあげられるので
ある程度観察することができます。
2015年の4月4日は土曜日なので、その日だけ特別に夜更かしさせてもいいですね。

スポンサードリンク


月食を観察する時の準備や注意点は?

まず大事なものは【時計】です。
時間を確認しながら、部分月食から皆既月食に
皆既月食から部分月食になる様子を楽しみましょう。

準備としては、観察する場所を明るい時間に決めておくことです。

場所のポイントは
1、東の空が開けている
2、安全で平らな場所
3、街頭などのまぶしい明かりが少ないこと
です。

雨や曇りだの場合は?

天気が悪いと、月食の観察は難しいです。

今回を逃すと、日本で観察できる次の月食は
2017年8月8日の部分月食
2018年1月31日の皆既月食
になります。

もしも雨で見れなかったら皆既月食の動画をどうぞ



まとめ

あんまり空に興味がなかったうちの子は
皆既月食を見たことで、夜外に出る時や
部屋の中から、夜空を見るようになりました。

月の明かりが強い時は、カーテンを開けて
時間と共に月が動くのを不思議がってみたり
お話を作ったり、星を探してみたりしています。

こういう事に興味を持てるようになって良かったと思います。
こういう機会はあまりないので、是非観察してみてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ