しみやそばかすは皮膚科の薬が効く?皮膚科にいってみた結果は?

女性にとって、しみやそばかすは気になりますね。

早い人では20代からしみが出だし、30代・40代・50代と
様々な種類のしみに悩まされてしまいます。

実は私も、化粧品でどうにかしようとお金をつぎ込みましたが
全然だめでした。

そこで、しみやそばかすが皮膚科の薬で消せるのか、
皮膚科に行った話を紹介します。
参考にどうぞ。

スポンサードリンク




しみやそばかすで皮膚科を受診して出た薬は?

テレビのCMを見ていて、気になったのが
第一三共ヘルスケアの【トランシーノ】です。

今では化粧品も出ていますが、数年前には錠剤のお薬だけ。
これが1ヶ月分が高いんです。

このトランシーノが効くしみは『肝斑』で
30代から40代に両頬にできる薄茶色いしみです。

私も肝斑かなと思って、薬局に行ったんですが
薬局の薬剤師さんも「う~ん、わかりません」というだけで
高いものだし、効かなかったら嫌なので購入しませんでした。

そして、近くの美容皮膚科に行ってみました。
そこにはシミ用のフォトフェイシャルも置いてあり、
何とか消せるだろうと思ったのです。

私のしみをみて、色んなしみが混在しているかもしれないので
まずは肝斑のお薬からということで
3ヶ月服用するように言われました。

その薬は
・トランサミンカプセル250㎎
・シナール配合錠

で、1日3回毎食後に飲むようになりました。

飲みだして1ヶ月後受診、効果なし
2ヶ月後受診、効果なし
3ヶ月後受診、効果なし

ということで、3ヶ月飲んだ結果は【効果なし】でした。

皮膚科で処方された飲み薬の効果がなかった場合は?

その皮膚科の方針で違いますが、私は光治療器(フォトフェイシャル)を
試してみました。

レーザーよりも刺激が少ないのと、すぐにお化粧ができるというのが便利で
まずは試してみました。

小さい場所でしかも1ヶ所のみだったので、パチンと傷みがきたのは
わかりましたが、「痛くて我慢できない」という痛みではなかったです。

保冷剤で冷やして、ある程度ほてりが止まったら、化粧をしても大丈夫で
数日後ぐらいに薄いかさぶたができました。

このかさぶたが取れて、しみが薄くなっていれば【効果あり】なのですが
私の場合は、薄くならず、フォトフェイシャルでは無理だという判断になりました。

服用がダメ、フォトフェイシャルがダメ・・・。
これで終わりかと思ったら、もう1つ試してみることになりました。

スポンサードリンク


皮膚科で最終手段のクリームを試すことに

そこの皮膚科で最終的に使ったのが、【ハイドロキノンクリーム】です。
これは保険が使えない自費で購入するものです。
ちょっと入って3000円。

高い気がしますが、皮膚科の配合なら、効果もあるのかな?と
夜、洗顔後、化粧水を塗ってつけてみました。

見た目は軟膏のようで、匂いもなく、
肌トラブルもなかったので毎日使いました。

わかりやすいように、光を当てたところだけ塗ってみましたが
少しの改善もないので、皮膚の先生が強いレーザーのある美容皮膚科に行くよう
言われて落ち込みました。

皮膚科に行ってもしみはだめなのかと・・・。
でもこれは、私の体質の問題かもしれません。
先生も効果が出る人と出ない人がいると言ってました。

もともと日に焼けやすいのと、焼けて黒くなると
色が戻りにくいので、そういう体質が影響しているかもしれません。

私は、そのことがあってその皮膚科には行っていませんが
友人がちょっとやけどして同じ皮膚科に行き、
初めはロコイド軟膏を塗り、その後黒くなった来た部分に
ハイドロキノンを塗ったら、徐々薄くなってきて、今ではわかりにくくなってます。

まとめ

しみが気になったら、まずは皮膚科に行くのをおすすめします。
自分で見ても、自分のしみが何なのか、判断は難しいからです。

そして、肝斑があるなら、市販のものより
病院で処方してもらう方が、お薬自体は安いです。
私の場合は1ヶ月分(28日分)で1000円ほどでした。

そこで効果があればもっと良かったんですが、
市販薬でも効かないだろうというのがわかって諦めがつきました。

今はまた違うことを考えています。
そこで効果がでたら、紹介したいと思ってます。





スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ