書道セット女の子用はどんなものにする?実際に使った感想は?

小学校に入る時に気になるのが、絵具セットや書道セットですね。
入学前にそろえるの?と思ったら、学校によって違うかもしれないですが
うちの場合は3年生になってから購入するように言われました。

早くから購入していた人は、あとから「こんなのもあるんだ」と
買い直そうか悩んでいます。

それはどうしてか?
バックの種類が色々あって、女の子しかも3年生になると
かわいいバックに引き寄せられてしまうのです。

そこで、おすすめの書道セット(女の子用)を紹介します。
参考にどうぞ。

スポンサードリンク


書道セットはセットで購入した方がいいの?

うちの子どもは学校外で書道を習っていなかったので、
1番目の子の時は、学校からもらった書道セットの購入用紙を見て
その中で気に入ったデザインのものを選びました。

2番目の子はまだ学校で書道が始まる前に、書道教室に行くようになり
習字の先生のおすすめの道具を購入することになりました。

そこで、販売されていたのは昔ながらの書道セットです。

こういう、昔ながらのバックに中身は
プラスティックの硯ではいけないということで、石でできた硯にかえて
文鎮もかなり重たいものにするように言われ、言われるままに購入しました。

が、2年生の女の子でももう自分の好みがあるので
あのバックがいやでいやでたまらなかったため、バックのみ返品しました。

そして、自分で購入したレッスンバックに入れて持っていってました。
そうすると、道具がバックの中で動き回り、半紙が折れたり、
下敷きに変な折り目がついて困りました。

100円ショップでファイル等を購入して対応しましたが
ナイロン生地の部分に墨が付き、にじんで汚くなるので
あまりにも汚くなったら、新しいバックを購入していました。

上の子も一緒に習字を始めましたが、学校で購入したセットがあったので
先生から言われた必要なものだけ買い足して、交換しました。
バックはセットで購入したものを使っていました。

そして、この2人を比べると
書道セットは別々に購入するより、バックもセットで購入した方が使い勝手がいい!
と私は思ってます。

書道セットのおすすめはこれ!

うちの1番目の子はもう高校生ですが、まだ同じものがありました。
それがこの書道セットです。


これは表だけじゃなくて、裏も表と同じ合皮のキルティング加工がされていて
凄くしっかりした作りです。

このままだとあんまり入りそうにないんですが、このバックの下部分にファスナーがついていて
まちが広がるんです。
こういうのはあんまり見たことがないです。
それにバックがしっかりしているので、文鎮を重たいものに替えても型崩れしません。

中学生になって、数回あった書道の時間に持って行っても
恥ずかしくないデザインだったので、次は2番目の子が持っていくようになりました。

デザイン自体は女の子っぽくはないんですが、高学年になった時には
黒っぽい服やスタッズが付いたものが好きだったので、このデザインにして良かったと言ってます。

ちょこちょこ買い換えるものではないので、デザインと耐久性は考慮した方がいいですね。

セットの内容は
1. 書道バッグ (中皿、半紙ばさみ付)
2. 太筆 三号
3. 細筆
4. 天然石硯(五三)
5. 墨液(表装もできます)
6. つまみ付き文ちん
7. 下敷き(紺) 28×38cm
8. 筆巻(竹ひご製)
9. 水差し

硯は天然石なので、書道教室でも使えました。
筆は先生のお気に入りのものがあったので、そちらを買い直しましたが
学校の授業で使う分には十分だと思います。
半紙を入れる半紙ホルダーも使い勝手がよく、セットで購入すると片付けも楽です。

書道セット 女の子用で人気のものは?


最近はこういうデザインが可愛くて人気があります。


これだと女の子らしいですね。
低学年だとこういうデザインの方が好きかもしれません。

ただ、こういうデザインの物は少し値が張るので、安く済ませようと思ったら、
バックがナイロンになったものやイラストが入ってないシンプルな物だと安く購入できます。


これだと中皿にふたもついているので
習字の時間が終わって片付ける際、ふたをしてバックに入れられます。

まとめ

学校で使う道具は何を買おうか、本当に迷います。
うちの子の学校では、あらかじめ購入するための袋を持って帰ってくるので
その時にデザインなどを見て、欲しいものがあれば購入。
気に入らなければ、通販で調べて購入しています。

ただ、それも時期が重なると売り切れていたりして大変です。
そのあたりも注意して購入するようにしてくださいね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ