【大掃除】キッチンの大掃除を早く終わらせる方法

毎日きれいにしているつもりでも、
キッチンの油汚れは知らず知らずのうちにたまって
頑固な油汚れになっていたりしますね。

毎日使う水回りは、年に何度か徹底的に掃除をして
リセットしてあげると、毎日の掃除が楽になります。

大掃除も家中をやるとフルマラソンと同じカロリーを消費するとか。

そんなに大変な大掃除、少しずつ場所を変えてやれば大丈夫。
今回は3時間ほどでできるキッチンの大掃除のやり方を紹介します。

スポンサードリンク



もっと短時間で大掃除したい人はこちらの記事をどうぞ!
1.5時間でできるキッチンの大掃除のやり方は?


3時間でキッチンの大掃除をしてみよう


■換気扇■

シンクに大きめのゴミ袋をぴったりと広げ、ガムテープで上の方をとめ
50℃のお湯を張り、台所洗剤と重曹を混ぜた弱アルカリ溶液を作ります。

お湯3リットルに対して台所洗剤を少々、重曹が大さじ3の割合です。
そこに換気扇の羽根や外せる部品を入れ、30分ほどつけ置きします。
ゆるんだ汚れを歯ブラシやボロ布で落とし、汚れが取れたら水洗いをして
新聞紙の上で乾かします。

つかった溶液はビニールの隅の方に5mm程度の穴をあけ流します。

油汚れが混じったものなので、いっきに流さず、少しずつ流すようにしましょう。
大体2時間くらいで流れてしまいます。


流すのに時間がかかるので、五徳や受け皿、グリルの網などの
油汚れが気になる小物をつけ置きします。

■ガスコンロ■

つけ置きしている間にコンロや魚焼きグリルの本体部分を掃除します。
汚れが軽いならマイクロファイバー布きんで水拭き。

汚れがひどいなら排水中の溶液をつけてこすり洗いします。
換気扇フードも一緒に拭いておきます。

■IH■

ガラストップは普段から使った後に、
マイクロファイバー布きんで拭くようにすれば汚れは付きにくいです。

吹きこぼれなどで焦げができた場合は、
クリームクレンザーを使って取ります。

その際、スポンジではなく、
ラップを丸めたものを使うと簡単に落ちてくれます。

■壁■


最近はパネルを使ったキッチンが多いと思います。
パネルならマイクロファイバー布きんで汚れは取れます。

かなり油汚れがついているなら、溶液を使って拭きます。
タイルの場合は目地を歯ブラシでこすります。


粉末クレンザーと溶液を混ぜてペースト状にしてつけると
汚れがよく落ちて、垂れにくいです。
目地をこすった後にタイル面を拭いていきます。

■五徳・受け皿・焼き網など■

つけ置きしていた小物の油汚れをぼろ布で拭き取ります。
軽い汚れはマイクロファイバー布きんにクレンザーをつけて取ります。
細かいところについた焦げつき汚れが取れない場合は
クリームクレンザーをラップにつけて取ります。それでもだめなら、
マイナスドライバーやステンレススプーンの柄を使って削り取ります。

■まな板の消毒■

まな板にハイターなどの漂白剤をかけ、上からラップをかぶせます。
ラップが湿布の役目をしてくれます。
自然なもので消毒したい場合は、キッチンペーパーや布きんをまな板にのせ
水150㏄、酢50㏄、塩大さじ1を合わせた液をまんべんなくかけます。
30分たったら水でよく洗い流します。


■シンク■
排水が 終わったら ゴミを捨て シンクをマイクロファイバーふきんで拭き掃除します。
この方法なら 汚れがゴミ袋の 内側に残るので排水による汚染を最小限にできます。


キッチンの大掃除はいつやるのがいい?

油汚れは気温が高い時期の方がゆるみやすく落ちやすいので、
実は初夏から初秋にかけてが最適です。
年末大掃除は慣習のようになっていますが、
油汚れが多いキッチンは夏に大掃除がおすすめです。
その他にも水をよく使う場所(お風呂、窓、外壁など)も寒くなる前に
大掃除をするのがいいですよ。
夏休みに子供にもお手伝いさせて大掃除を済ませて、年末は気になる場所をちょっとやるだけ。
年末の忙しい時期に掃除が楽になりますよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ