花粉症の症状の鼻水 子どもの場合、風邪との見分け方は?

花粉症の症状の1つの『鼻水』
鼻水は風邪の時の症状でもあるので、
花粉が原因か風邪が原因かわかりにくいですね。

しかもそれが子どもだったら、自分の症状を言えない小さい子は
保護者が観察して判断してあげないといけないですね。

そこで、花粉症と風邪の見分け方を紹介します。

スポンサードリンク


花粉症はどんな症状?

花粉症になると、ある日突然にくしゃみと、水っぽい鼻水が生じ、鼻も詰まります。
それが毎年ほぼ同じ時期にくしゃみ、鼻水、鼻詰まり、目のかゆみなどの症状がでていると
花粉症の可能性が高いです。

昔は小さい子どもは花粉症になりにくいと言っていましたが
今はスギ花粉症患者の低年齢化には数々の報告があり、
1歳台からの報告もあります。

うちの子も4歳の時に花粉症と診断されました。
ただ、その子の場合はハウスダストや食物アレルギーも持っています。
そういうアレルギー体質の子どもの方が、低年齢でも花粉症と診断されています。

両親が花粉症だと子供も花粉症?

体質は受け継がれやすいので、
両親が花粉症だと子供も花粉症になりやすいです。

うちの場合、母親がハウスダスト、父親が花粉症で
こども3人とも、ハウスダストと花粉症の症状がでます。

ただ、3人とも同じ症状ではなく、
・目のかゆみがひどい子
・鼻水が出てその後副鼻腔炎になりやすい子
・血液検査で花粉症とは言われたものの目のかゆみも鼻水も軽い子
と少しタイプが違います。

スポンサードリンク


花粉症の症状の鼻水、風邪との見分け方は?

花粉症の場合の鼻水は、風邪の鼻水のようにねっとりしたものではなく、
涙と成分がほとんど同じで、無色で粘り気がなくサラサラしているのが特徴です。
油断するとつつつーっと透明の鼻水が垂れている・・・そんな感じです。

風邪の場合は、はじめのうちは水鼻ですがネバネバした状態へと変化します。
そしてくしゃみは2、3日で改善。
その他に、発熱、咽の痛み、咳、全身の筋肉痛などをともなう場合があります。

風邪の症状は、比較的短期間にさまざまに変化し、1~2週間で改善していきます。
しかし、花粉症の場合は、鼻や眼を中心に症状が続きます。

子どもが花粉症かも、気を付けることは?

子どもは自分で症状を上手く伝えることができません。
小学生低学年以下の小児の場合は、子どもが苦痛を訴えるのを待つのではなく、
保護者など周囲の大人が積極的に異常の発見に努めなければなりません。

たとえば、鼻づまりはいびきをかく、口を開けて寝る、口呼吸している。
くしゃみは鼻をいじる、鼻をこする。
鼻水は鼻がたれる、鼻をすする。
などの仕草を見たら、保護者が判断してあげましょう。

そして、花粉症だと診断されたら、次の年からは
花粉の飛散開始前後に病院へ行きましょう。

花粉飛散開始前後の早い時期から治療を開始すると、
花粉症の症状が軽くすむと言われています。

天気予報などでもその日の花粉情報は流れていますが
環境省花粉情報サイトやNPO花粉情報協会などでは
早い時期から詳しい情報を入手できるのでチェックしてみましょう。

環境省花粉情報サイトはこちらから
NPO花粉情報協会はこちらから

まとめ

花粉症と風邪の見分け方は
・花粉症(スギ)・・・花粉が飛んでいる2月から4月頃にかけて鼻や目の症状が続く。
・風邪・・・1~2週間の短期間に様々な症状が変化していく。

両親どちらかが花粉症だったり、花粉の飛散が多い土地に住んでいたり
目のかゆみや水鼻が続いている場合は、小児科や耳鼻科などを受診しましょう。

早く気づいてあげることで、薬やマスクなどで対策をして、花粉症の症状のつらさを和らげてあげられますよ。

【アレルギー関連の記事はこちらもどうぞ】

口腔アレルギーの原因は何?花粉症の人に注意が必要な果物とは?

LPSが多く含まれる食材は何?免疫力アップでインフルや花粉症を予防!

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ