ガトーショコラを簡単に濃厚でしっとり作る方法・バレンタインにおすすめ

チョコレートがたっぷり入ったガトーショコラは美味しいですね。
ガトーショコラって作るのが難しい感じがしますが、
うちではどこにでもある材料で、簡単に濃厚で、
しっとりしたガトーショコラを作っています。

クリスマスやバレンタインに重宝するガトーショコラ。
子どもたちの友チョコにも大活躍してます。
今度のバレンタインに、簡単にできる濃厚しっとりガトーショコラを作ってみませんか?

スポンサードリンク




ガトーショコラ(18㎝丸型)の材料

・チョコレート・・・150g
・マーガリン(バター)・・・100g
・生クリーム・・・50g
・卵黄・・・3個分
・砂糖・・・30g
・薄力粉・・・30g
・ココアパウダー・・・30g
・卵白・・・3個分
・砂糖・・・40g

チョコレートはケーキ用の板チョコだと高かったりするので
うちでは1個ずつ包装されたチョコの大袋を使ってます。

IMG_0647
これだとチョコレートを溶かす時に、細かく刻まなくても大丈夫です。
マーガリンバターの代用で使っています。
マーガリンでも十分美味しいです。

チョコレートは濃厚なものを選ぶと美味しく作れます。
おすすめはカバヤ食品の『あっさりショコラ』
あっさりという名前がついてますが、結構濃厚で溶けやすいので
ガトーショコラ作りにむいています。
(今回は売り切れだったので別のチョコレートを使いました)

スポンサードリンク


下準備はきちんとしよう!

材料をそろえたら、下準備をします。

マーガリン(バター)と卵黄は常温に、卵白は冷蔵庫で冷やします。
チョコレートを溶かすお湯の準備
ココアパウダーと薄力粉は、混ぜ合わせて2回ふるっておく。
オーブンの予熱は160℃にする。
18㎝丸型にシートをしく

チョコレートをボールに入れ、湯せんで溶かす

IMG_0650
IMG_0649
マーガリン(バター)を加え溶かして、生クリームも加える。

IMG_0650
冷えて固くならないように、湯せんで温めておく。

IMG_0655

ガトーショコラの作り方

1、卵黄をほぐし、砂糖30gを加え、ハンドミキサーで白くもったりするまで混ぜる

IMG_0657
IMG_0658

2、溶かしたチョコレートを加え混ぜる

IMG_0659
IMG_0660

3、卵白に砂糖40gを少しずつ加え、メレンゲを作る

IMG_0662
IMG_0663

※メレンゲは角がたつくらい
IMG_0664

4、卵黄の生地に卵白を1/3加え、泡だて器で混ぜる

IMG_0666

5、粉類をふるいながら加える(ゴムベラで混ぜる)

IMG_0667
IMG_0668

6、粉が混ざったら1/3のメレンゲを加えて混ぜ、混ざったら残り1/3を加え混ぜる

IMG_0669

7、均等に混ざったら型に入れる

IMG_0670

※型に入れたら少し持ち上げ、台の上にトントンと落とし、空気を抜きます

8、予熱していた160℃のオーブンで45分~50分焼く

IMG_0671

焼きあがったら、粗熱を取り、型から出して冷ます。
冷蔵庫に入れておくとしっとりする。


うちではクリスマスには粉砂糖を振りかけて、
クリスマスのオーナメントを上に飾っています。

今回は陶器でできたくまのプ~さんです。
IMG_0676

その前は100円ショップで、サンタクロースと雪ダルマの
砂糖菓子を購入して飾りました。

切ったガトーショコラ
IMG_0682

表面はさくっとしていて、中はしっとり。
濃厚なチョコレートを使っているので、一切れで大満足です。

まとめ

本格的にしようと思ったら、ブランデーを入れたり、
マーガリンではなくバターで作るといいですが
うちでは子どもも食べるので、この材料が1番作りやすいです。

最近は少しカロリーを気にして、生クリームを低脂肪の物にしていますが
これでもチョコレートの量が多いので、濃厚で美味しいです。

子どもたちは少し小さ目に切って、ワックスペーパーで包み
可愛い透明フィルムの袋に入れ、マスキングテープなどでデコレーションして
お友達に『友チョコ』を渡しています。

「美味しい」と大評判らしく、毎年のように作っています。
材料費も安く抑えられているので、1度作ってみてくださいね。



スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ