金運アップ風水で財布を金運財布にしよう!


金運・財運や勝負・ギャンブル運をアップさせるには新年のスタートの1月が大事です。

金運アップを風水で実現するには財布も重要。

運気のスタート時期を逃さないで、財布を金運財布にして金運をアップさせるやり方を紹介します。

スポンサードリンク


金運財布にするためにいつ購入する?使い始めは?

金運財布にするためには>年に数回購入チャンスがあります。


まずは1月小寒(しょうかん)と言われる日以降に購入して、大寒に使い始めのがおすすめです。

その他には
  • 2月4日 立春

  • 2月11日 建国記念日

  • 3月3日 ひな祭り

上の時期に購入すると、春スタートの財布になり、春財布(張る財布)と言って縁起が良い財布になります。

  • 7月7日 七夕
  • 8月 お盆

このあたりに使い始める財布は、ご先祖様にまもられて金運財布になります。

10月、11月は来年の祈願をする日に使い始めるのもおすすめです。

金運財布でも冬至から使い始める財布は貯蓄向きの財布になります。

春財布と秋の実り財布

財布を購入したり使い始めるのは、先ほども言ったとおり春や秋がおすすめです。

秋に購入すると「飽き」がくるからよくないというのは迷信です。

秋の実りの力は財布に金運パワーを与えてくれます。

春財布は1月20日頃の大寒から3月のお彼岸まで、秋の実り財布は9月のお彼岸過ぎから11月24日頃までに購入して使い始めます。

そうするといい運がつき金運財布になります。

財布の金運パワーをあげるには?

中秋の名月と言われる月の光には、金運を引き寄せるパワーがあります。


新しい財布や貴金属を購入して月光に当てて使うと、金運があるものになります。

月が見えない日でも月光パワーはあるので、雨や曇りの日でも実行します。


財布の形にもこだわるなら、長財布がいいです。

お札は長財布に入れ、小銭はきちんと小銭入れに入れます。

財布の色は黒がおすすめです。

私も風水を気にする前は色んな色の財布を使ってみましたが、黒が1番金運が良かったです。


ヘビ革の財布も金運がいいと聞いて購入してみたこともあります。

その時は予想外のお金が入ってきましたが、出ていくお金も多かったです。

あとでよく調べてみると、
ヘビ革の財布は入ってくるお金も大きいが、出ていくお金も大きい
んだそうです。

そんな部分も気を付けて、財布を購入しましょう。

スポンサードリンク


運の良い財布は
・薄手のしっかりした財布
・お金が落ち着けるデザイン
・外側は黒・茶・白・ワインレッドやその年のラッキーカラー
・内側は黄色
・素材は革または光沢・ツヤのあるもの
ですよ。

財布の中をスッキリさせて金運アップ

あなたの財布の中はスッキリしていますか?
それともレシートなどが入りっぱなしでパンパンになっていますか?

財布はすべての運の土台になる金運を育ててくれる場所です。
金運パワーのある財布だと、お金がお金を集めてくれますが
パワーがない財布だと、どんなに稼いでもお金は出ていくばかりです。

財布に金運パワーをつけるには、財布をいつも綺麗にして
お金が喜んでくれる場所にしないといけません。

縁起のいいゴールドのプレートや黄色のカード。
厄を落とすラベンダー色のものを財布に入れ
レシートなどは毎日財布から出し、常に財布の中はスッキリさせておきましょう。

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ