確定申告 医療費控除の書類の書き方は?医療費控除明細書はどう書くの?

確定申告で医療費控除をする時、書類の書き方が難しく感じませんか?


「ちょっとぐらいだったら医療費控除をするのが面倒だからやめておこう」なんてもったいないです。


医療費控除をすることで、還付金があったり、住民税が安くなることもあります。


それに、家族みんなの医療費を集めると結構な額になります。


そんなちょっと書き方が難しい医療費控除の明細書。今回は頑張って確定申告してみませんか?

スポンサードリンク


医療費控除とは?いくらから申告できるの?

家族(生計を共にする人)が1年間(1/1~12/31)にはらった医療費に対して、計算式で求めた金額を、その年の所得から差し引いてくれる制度です。


○医療費控除額の計算式

医療費控除額(最高200万円)=
【1年間に支払った医療費】-【保険等より補填された金額】-【10万円か所得金額の5%のどちらか少ない方】

例えば、課税所得が400万の人だと
医療費30万円‐補填金5万円‐【10万円または400万×0.05=20万のどちらか少ない方】=15万円
医療費控除額がプラスなので、確定申告で還付されます。

同じ課税所得400万の人でも補填金が多いと
医療費30万円‐補填金20万円‐10万円=0円
医療費控除額が0円なので、申告できません。

上の例は極端な計算ですが、
まずは、医療費の領収書を集めて、医療費控除額の計算式に当てはめて
プラスになるかどうかで判断してみてください。



医療費控除の明細書の書き方

医療費控除の明細書は住んでいる所の役所などでもらうことができます。
うちの場合は、1月の中旬を過ぎなければもらえず、封筒タイプになっています。

他の自治体ではダウンロードできるところもあるので
そういうところで1月に入って準備すると慌てずにすみますね。

それでは明細書に書く内容です。

【医療を受けた人】
名前を書きます
例:平成太郎とか平成花子


【続柄】
本人・妻・子


【病院・薬局などの所在地】
○○病院・○○薬局 ○○県○○市○○1-1など


【控除の対象となる医療費の内訳】
(治療内容)風邪・胃腸炎・骨折・捻挫など簡単に
(医薬品)購入した薬品の名前
(支払った医療費)領収書の金額

 
【左のうち生命保険や社会保険などで補填される金額】
ここは注意が必要なので後程説明します


※薬局はドラッグストアなど薬品を販売しているところも対象になります。


私がやっている書類の書き方


ここからはうちのやり方です。自治体によっては違いがあるかもしれませんが、うちではこれでちゃんと申告できています。


薬局については風邪薬など家族で使うものがほとんどなので、医療を受けた人は本人(世帯主)にしています。


薬局ごとに記入し、薬品名はまとめて書き込み、入らなくなったら【他】と書き、領収書に薬品名を書き込んでおきます。

  
ドラッグストアなどで生活用品も一緒に購入している場合、レシートの医薬品の部分だけ赤丸をつけ、金額を領収書に大き目に書き込みます。


かなりまとめて書いていますが、家族が多い為明細書に入り切れません。その場合、袋をコピーするか紙にメモして袋の中に入れています。


領収書は家族5人分だと凄い量になるので、病院や薬局ごとにホッチキスでまとめて、袋の中に入れています。


今回は医療費控除明細書を早目にダウンロードして準備しています。(今年度は袋だけではなく、コピーも準備されていました)

もしも、早めに準備したい!用紙が足りない・・・なんてありましたら
福岡県宮若市のHPPDFとエクセル様式の明細書がダウンロードできます。
医療費控除明細書のダウンロードはこちら

スポンサードリンク


医療費控除明細の書き方で気を付けるところは?


【交通費】
車で通院した場合のガソリン代や駐車場代は含まれません。
公共の乗り物の場合、JR○○駅~○○駅(往復)500円×12(通院した日数)=6000円という風に書きます。


【医療費控除の対象にならないもの】
栄養剤や美容のための歯科矯正、子どものオムツ代、インフルエンザなどの予防接種代、人間ドッグなどの健康診断代、メガネやコンタクトレンズの購入代金

治療を目的としたものは医療費控除の対象になりますが、それ以外のものは医療費控除の対象になりません。


【生命保険や社会保険などで補填される金額】
手術や入院すると1年間にかかった医療費よりも多い保険給付金が支払われる場合もあります。

1年間の家族全員の医療費が50万円として、保険給付金が50万円だと、【50万円‐50万円=0円】で医療費はO円になると思いがちですが、手術と入院で10万円かかったとしたら医療費の合計50万円のうちの10万円分を補填されたとして0円にすればいいのです。

50万円‐10万円(手術・入院でかかった費用)=40万円
この場合は40万円を医療費控除の金額として申告できます。




とにかく1度医療費控除をしてみよう!

医療費控除は難しく、面倒なように思えますが、1度やってみると難しくないです。
医療費として支払った分のレシートや領収書をまとめて、医療費控除明細書を書き
申告用紙に金額を書き込むだけです。

私の場合、還付センターを設けられていたので、そこに持っていき
税理士さんに聞きながら記入しました。
時間がかかって他の方に迷惑をかけてるかもと思いましたが、
その当時はインターネットも今みたいに普及していなかったので
その場で聞くのが当たり前でした。

2度目は明細書を書いていき、この場合はどうかな?と不安なものだけ別にして
その場で聞きました。医療費控除の対象になるものは加えてもらって
金額の修正をするだけだったので、最初より時間がかからなくなりました。

最近は税理士さんも1部の領収書を見て、計算してみて間違えがなかったら
「他も大丈夫ですね?」と聞いて「領収書は1年間保管しておいてください」と
10分もかからず終わることも。この場合は税理士さんによるかもしれないですが・・・。

税金が高くなった今、取り戻せるものは取り戻しましょう!


【確定申告の記事はこちらも参考にどうぞ】

確定申告 医療費控除で対象になる出産費用と対象にならない費用は?

確定申告 医療費控除 漢方薬は対象になるの?

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ