正月太りを解消するおすすめのダイエットは?

今年はお正月太りをしない!と決意していても、豪華な料理を目の前にして親戚や友人付き合いをおろそかにはできず、結局例年通り体重が増加していた‥なんて、新年からがっかりしていませんか?

そうでなくても12月から1月にかけての年末年始はイベントが盛りだくさんですから、少し気を緩めるとすぐに太ってしまいます。

年明け早々自分のお腹周りや顔周りを見て落ち込んだ方も、体重計を見て叫びそうになった方も、実はお正月太りは普段のダイエットに比べて「痩せやすい」ことをご存知でしたか?

太るのはあっという間でも、体型を元に戻すにはそれなりの努力が必要です。

原因別のお正月太り解消方法を知って、さっそく実践してみましょう。

スポンサードリンク


お正月太りの原因



お正月太りの原因はいくつかあります。

ひとつ目は、気温によるもの。

寒い季節になると、冬眠する動物たちと同じで、人も体に脂肪を蓄えようとします。

そのため、栄養価の高いものやカロリーの高いものを普段より美味しいと感じるようになったりするため、自然と栄養を多く摂取することになります。

次に原因として挙げられるのが運動不足

寒くなると体を動かすのが億劫になりますが、年末年始はとくにイベントが多く、飲み食いする量に対して運動量が見合わなくなってしまいます。

クリスマスや忘年会・お正月・新年会などのイベントは多いのに、運動不足になることでエネルギーの消費がされなくなって結果的に太ってしまいます。

3つ目の原因は、この時季に食べる料理のカロリーが比較的高いものが多いということ。

クリスマス料理にはケーキやチキン、ピザなど、家庭によっても違うかもしれませんが、高カロリーな洋食が多く並びます。

お正月に欠かせないおせち料理も、保存が効くように塩分や糖分が多いものがたくさんあります。

いつも通りのペースで食べていると、気づかぬうちに太ってしまう料理がたくさんあるため気をつけましょう。

最後に考えられる原因として、むくみがあります。

寒かったり冷たいお酒を飲む機会が多い年末年始は、体が冷えることで血行不順になり、むくみやすくなります。

むくむことで代謝が落ちますから、太る原因になります。

また、おせち料理の食べ過ぎやお餅にお醤油をつけすぎるのもむくみの原因になります。

塩分や糖分を摂りすぎることで血中のナトリウム濃度が上がり、水分を多く取って血中濃度を正常に戻そうとするため喉が渇きます。

水分を取ればその分体はむくみますから、体重増加につながります。

お正月太りを食事で解消する方法



ダイエットをする上で大切なのが体温管理。

体温が1度下がるだけで代謝が急激に落ち、脂肪の燃焼がされずらくなります。

白湯を飲む

寒い冬でも冷たい飲み物を飲んでいる人は要注意。

内臓の冷えは脂肪を蓄積させやすくなります。

朝起きてすぐに、人肌にさました白湯を飲むことで、その日1日の基礎代謝を上げることができます。

また、体の中から温まることで、脂肪を燃焼させやすくなります。

関連記事

白いものより黒いものを食べるようにする

漢方医学では、うどんや白砂糖・白ごま・白米などの白いものは体を冷やし、おそばや黒糖・黒ごま・玄米などの黒いものは体を温めるといわれています。

黒い食べ物は体を温める効果のほか、抗酸化作用やデトックス効果も期待できます。

漢方医学で言われている黒い食べ物には、以下のものがあります。
  • おそば
  • 黒ごま
  • 玄米
  • 黒糖
  • きのこ類
  • こんにゃく
  • 根菜類
  • 海藻類
  • 黒酢
  • ココア
きのこ類、こんにゃく、根菜類、海藻類には食物繊維が多く含まれているため、便通を改善してくれます。

食物繊維は炭水化物の吸収を抑える働きがあるため、食事の最初に食べるようにします。

玄米や黒ごまには脂肪の吸収を抑えて体の外に排出する作用があります。

黒い食べ物は内臓の機能を整え基礎代謝を上げる効果があるとされているので、むくみの解消やダイエット効果にもつながります。

バランスの良い食生活

お正月は、お餅やおせちの食べ過ぎに加え、お酒をたくさん飲む行事でもあります。

食生活の乱れによってお正月太りをしている場合は、バランスの良い食事に戻すように意識しましょう。

お正月太り解消に効果のある食材はたくさんあります。

ブロッコリーやきのこ類・根菜類は食物繊維が多く含まれているため、腸内環境が整い基礎代謝が上がり、脂肪を燃焼させやすくしてくれます。

脂肪燃焼を手助けしてくれる食材はほかにも、豆腐やおから、納豆などがあります。

大根やセロリ、ほうれん草は、塩分の取りすぎによるむくみを解消してくれます。

トマトは血中コレステロールを抑えて代謝を上げる働きをしてくれます。

体内に取り込まれたカロリーは代謝でしか消費できないため、どんな食材にしても、基礎代謝を上げることが効率よくお正月太りを解消するポイントとなります。

関連記事

スポンサードリンク


お正月太りを運動で解消する方法


お正月太りの原因のひとつに運動不足がありますが、寒いと暖かい部屋から出るのが面倒になり、ついゴロゴロしてしまうので納得ですよね。

けれど、実は寒い冬はダイエットをするのに1番適した時季でもあるんですよ。

人は寒くなると体温を上げようするため、脂肪を燃焼させます。

健康的に体重を戻すには基礎代謝を上げることが大切ですが、運動をすることで代謝を上げることができるので、寒い季節は適切なダイエット方法で効率よくお正月太りを解消することができます。

お正月太り解消には筋肉量を増やす運動が◎

食べなければカロリーを摂取する量が減るので、その分体重計を落とすことができますが、体に負担がかかり、栄養不足となった体がカロリーを蓄えようとしているリバウンドしやすくなります。

それに、食べないダイエットは健康的ではありませんよね。

健康的に、かつリバウンドしにくいダイエットをするためには、体にある程度の筋肉をつけて基礎代謝量を増やす必要があります。

筋肉をつけると聞くと、とても辛そうに感じるかもしれませんが、実際はハードな筋トレをしなくても筋肉をつけることは可能なんですよ。

有酸素運動と無酸素運動

運動は主に2種類あります。

有酸素運動は比較的弱い力で継続的に行う運動のことを言います。体脂肪を燃やすのに効果的な運動方法で、20分以上行うことで脂肪燃焼がより期待できます。

無酸素運動は強い力で短時間のうちに行う運動のことで、筋肉量を増やし、基礎代謝量を上げてくれる効果があります。

お正月太りを解消するためには、どちらの運動も効率よく取り入れるのがおすすめです。

ウォーキング
体重を落とす際、1番初めやすいのがウォーキングです。

ウォーキングは有酸素運動ですので、脂肪燃焼効果があります。

ウォーキングをする前は、10分ほどかけて準備運動をしましょう。

時間をかけてストレッチすることで、足や腰への負担が軽減します。

早歩きで腕を大きく振り、20分以上歩くことがウォーキングダイエットのポイントになります。

早歩きをすることで下半身の筋肉が鍛えられ、消費するカロリーも変わってきます。

腕を大きく振ることで脇の下にあるリンパの滞りを良くしてくれるので、むくみや肌荒れの改善にもつながりますよ。

スクワット
筋肉量を増やす三大トレーニングのうちのひとつ、スクワットは、基礎代謝を上げることができるので、ダイエット効果ばつぐんです。

やり方は簡単

まず両手を前にまっすぐのばし、足は肩幅に開きます。

上半身は前のめりになったりせず、腰の上にまっすぐ背筋を伸ばして置いた状態でゆっくりひざを曲げてスクワットします。

ひざが90度になるくらいで1度止まり、3秒数えた後に上体を元に戻します。

これを、1日50回ほど、1日おきに行います。

最初はキツイと思うので、1日のうち数回に分けて行うようにすると取り入れやすいです。

スクワット1回は腹筋100回と同じだけの運動量。

お腹が引き締まり、お尻もきゅっと上がって形がよくなります。

脚上げ腹筋

お家でテレビを見ながらできる運動方法です。

寝転がって腕を床につけたまま横にのばし、両足をまっすぐ90度になるように持ち上げるだけ。

このとき、脚をピンとのばした状態で、息を吐きながらゆっくりと持ち上げていきます。

持ち上げたら、その態勢を5秒キープして、またゆっくりと降ろしていきます。

これを1日5セット行います。

脚上げ腹筋をすると、アウターマッスルとインナーマッスルを鍛えることができ、筋肉がなくなり下垂した内臓を元の位置に戻す効果があります。

また、代謝が上がり脂肪燃焼効果が期待できます。

お正月太りが原因のぽっこりお腹も引き締めることができる、おすすめの運動法です。

以上、お正月太りを解消する食事法と運動法でした。

最後に


お正月太りは、運動不足とカロリーの取りすぎなど、様々な要因が絡むことが原因なので、自分の原因をよく把握したうえで食事法や運動法を取り入れるようにしましょう。

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ