手湿疹(主婦湿疹)を治す方法!市販薬や食事で気をつけることは?

料理や洗い物、洗濯や掃除などの水仕事をしていると、どうしても手荒れをしてしまいます。

ハンドクリームを塗っても良くならず、気がつくと手全体に痛みやかゆみを伴う湿疹が広がっていた‥!なんてこと、経験したことのある主婦は多いかもしれません。

今回は、家事をがんばる主婦を悩ます手湿疹(主婦湿疹)を治す方法を紹介します♪

スポンサードリンク


手湿疹の種類は?


手湿疹の症状はおもに、

  • 乾燥
  • 水疱
  • ただれ

の3つです。

そして、手湿疹の種類は大きく分けて2つに分類されます。

刺激による手湿疹(刺激性皮膚炎)


洗剤などが原因で皮膚が乾燥し、肌のバリア機能が低下して刺激に敏感になり、手湿疹を引き起こしてしまいます。

シャンプーや洗剤・ゴム手袋の化学繊維や硬い材質の紙などに触れるだけでも、肌に刺激となって湿疹が広がります。

刺激性皮膚炎の症状

手指や手のひら・手の甲などの皮膚がカサカサし、かゆみを伴うヒビ割れをおこします。

かきむしることで赤みをおびた湿疹があらわれる場合があります。

アレルギーによる手湿疹


口内や腸内などの皮膚以外からアレルギー物質が入り込むことでおこる、全身に症状がおこる手湿疹。

金属を含む豆類やチョコレート・おそばなどにアレルギー反応をおこし、湿疹ができてしまいます。

アレルギーによる手湿疹には、アレルギーの原因となる金属などに触れることでおこる手湿疹もあります。

アレルギーによる手湿疹の症状

かゆみの強い赤い水疱ができてつぶれる。

湿疹による炎症がひどく、痛みを感じる場合もあります。


どちらのタイプの手湿疹かを判断し、タイプにあったケアをしましょう。

手湿疹を家庭で治す方法は?



忙しくてなかなか時間が取れなかったり、手荒れで病院に行くのは気がひけるという方に、家庭で手湿疹を治す方法をまとめてみました。

手湿疹の治療は、日頃の生活を見直すことから始めましょう。

手湿疹は、水仕事やアレルギーだけが原因ではありません。

直接的な原因はそうかもしれませんが、生活習慣や睡眠・食事もとても深く関わっています。

スポンサードリンク


洗剤の見直し


現在、スーパーやドラッグストアで売られている台所洗剤やシャンプーの8割が合成界面活性剤です。

合成界面活性剤は、泡立ちがよく機能性が高いのが特徴ですが、人の皮膚からも吸収され体内に入り込みます。

合成界面活性剤は肝臓でも分解することができず、体内に入ることで肝細胞を破壊し、ガンの元になるとも言われています。

アトピーや皮膚炎を悪化させる原因にもなります。

泡立ちや機能性は劣りますが、できるだけ天然界面活性剤や固形石鹸を使用するようにしましょう。

食生活の改善

手湿疹を治すために一番大切になってくるのが、食生活の改善です。

インスタント食品やレトルト食品・加工食品・スナック菓子・清涼飲料水・白砂糖などは、保存料や添加物・化学調味料が多く含まれています。

保存料や添加物・化学調味料は、手湿疹やアレルギーを引き起こす原因のひとつになります。

そういうものを摂らないように気をつけてみましょう。

  • 揚げ物はできるだけ避ける
  • 外食や市販品を避け、できるだけ手作りのものを食べる
  • スナック菓子ではなくて、フルーツやナッツ類を少量
  • 清涼飲料水ではなくてお水
  • 白砂糖ではなく黒砂糖を使用する
  • 野菜中心の食事を心がけ、お肉よりお魚を食べる
  • 玄米・雑穀をご飯に混ぜる

こういうことも一緒にきをつけてみてください。

味付けの濃いものや市販品はできるだけ避け、昔ながらの薄味の和食を中心に切り替えてみましょう。


また、手湿疹を治すために有効なのはビオチン(ビタミンH)という栄養素。

ビオチンはビタミンB群の一種で、皮膚の炎症をおさえる効果があります。

体内ではほとんど作られず、食事からの摂取が必要な栄養素です。

ビオチン欠乏症になると、アトピーや皮膚炎・肌荒れなどを引き起こすと言われているため、手湿疹の方は積極的にビオチンが含まれる食材を摂取するようにしましょう。

ビオチンが含まれる食材は

  • レバー
  • 卵の黄身(白身はビオチンの吸収を妨げるので、できるだけ避けます)
  • 牛乳
  • トマト

など。

手湿疹で皮膚科にかかられる場合も、ビオチンの薬を処方される場合がありますが、治療は数ヶ月かかると言われているため、食生活や生活習慣の改善を継続して行うようにしましょう。

ストレスの緩和

手湿疹を治すためには、ストレスを溜めないことも重要になります。

日本人はたびたび、思っていることは口に出さず、謙虚に振る舞うのが美徳とされていますが、現代のストレス社会では自分の気持ちを押し込めるのは心にも体にもよくありません。

ストレスを溜めることで自律神経が乱れ、様々な刺激に敏感になって手湿疹を引き起こしてしまう場合もあります。

適度にストレス発散ができる環境を作っていきましょう。

睡眠の質をあげる


手湿疹の症状によって、かゆみや痛みでなかなか寝付けなかったり、寝ていてもかゆみで目が覚めてしまうこともあると思います。

夜10時〜深夜2時のあいだは、成長ホルモンが一番多く分泌されるゴールデンタイム。

この時間に質の良い睡眠を確保することで、肌のターンオーバーを正常にし、手湿疹を治すための近道となります。

冷やすことでかゆみがおさまることも有りますので、体を温めすぎたりせず、寝る前に保冷剤で冷やすなどひと工夫してみてくださいね。

手湿疹を治す市販薬はある?



かゆみや湿疹がひどく、掻きくずしてしまいさらにひどくなってしまう場合は、ステロイドが含有されているものがおすすめです。

湿疹を治すためには、まずはかゆみを抑えることが先決。

ロート製薬のメディクイックやエマゼン軟膏は、手湿疹用として発売されています。

かゆみや湿疹がそこまでひどくない場合は、保湿をしっかりして皮膚バリアを保ちましょう。

佐藤製薬のパスタロンM20%は手湿疹による手荒れを治すための軟膏で、尿素の配合率が高く、保湿効果も期待できます。

角質を柔らかくして、しっとりすべすべの手にしてくれます。

ただ、尿素入りのクリームや軟膏は傷がある時に使ったら、かなりしみて痛かったです。使ってみて痛いと思ったら、刺激が強すぎる証拠なので、使うのは控えてくださいね。

※市販薬を使用する場合は、使用上の注意をよく読んでから塗るようにしてください。

手湿疹を早く治すために気をつけることは?

家事をしていると、水に触る機会が多いため、どうしてもハンドクリームを塗るのも面倒になってしまいます。

けれど、手湿疹はその大半が乾燥によるもの。

日頃から保湿をしっかり行い、肌バリアを保つことが大切です。

乾燥すると皮膚が薄くなり、表皮がかたくなるためヒビができやすくなります。


寝る前だけでもいいので、保湿成分入りのハンドクリームをたっぷりと塗り、専用の手袋をして寝るようにしましょう。

できるだけ食事に気を配り、睡眠時間をしっかり取ることも大切です。

かゆくてつらい手湿疹ですが、家庭でも治すことは可能です。

食生活や生活習慣など、すぐには切り替えることが難しいものばかりですが、少しずつ生活を見直して自分の体をいたわってあげましょう。

最後に


これからどんどん寒くなり、乾燥が気になる季節。

かきすぎてつゆが出てしまったり、出血を伴うようなら、細菌感染をおこす前に医療機関に受診するようにしましょう。

関連記事

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ