クリスマスプレゼントで3歳の女の子におすすめは?子供の発育にはこれ!

クリスマスまで、あと1ヶ月になりました。

今年はどんなプレゼントを贈ろうか、そろそろ悩み始める頃ではないでしょうか。

今回は、3歳の女の子におすすめのクリスマスプレゼントをご紹介します♪

スポンサードリンク


3歳ってどんな時期?



3歳になると、だいたい生まれたときの4倍まで体も大きくなり、つま先立ちで歩けるようになったり、片足でもほんの少しのあいだバランスを取ることができるようになります。


うしろ向きに歩けるようになったり、階段も片足ずつ交互に登ることが可能です。


生活経験をそのままごっこ遊びに再現させたりなど、簡単な決まりごとなども理解できるようになるこの時期。


また、言葉を一番多く覚えるのが3歳。それに、絵本やお話が大好きです。


この時期の運動発達・言語発達はとても目覚ましいもので、積極的に外遊びをさせてあげたり、運動経験を与えてあげると、とても喜びます。

どんどん絵本を読んであげると、いろいろな言葉も覚えます。

クリスマスプレゼントには、そういった3歳の成長に合わせたものを贈るのがおすすめです。

3歳の女の子におすすめのクリスマスプレゼント



だんだんと体の使い方を覚えるようになり、おしゃべりが大好きなこの時期には、いろいろな経験を積極的にやらせてあげるようにしましょう。

クリスマスプレゼントで贈るにはどんなものがあるか、紹介していきますね。

ストライダージャパン スポーツモデル ピンク




ストライダーは、幼児期に使用することでバランス感覚や反射神経が養われ、脳の成長や運動発達にも効果があるといわれているアメリカ発のペダルなし自転車です。


重さは3キロと軽く、欧州や米国の安全規格を満たした、安全性も高いスポーツモデル。


ブレーキはないので、自分の「危ない」「怖い」という感覚から足でブレーキを行います。


ストライダーに乗りなれることで、補助輪なしでスムーズに自転車へと移行できますよ。

お店やさんにもなる2way仕様 ままごとキッチン cook&store core(コア) グレー/ブルー/ピンク



2つの遊びができる、リバーシブルおままごとキッチン。


色は3色展開で、男の子の兄弟がいる場合でも仲良く遊ぶことができます。


蛇口はくるくる回すことができて、シンクボウルもついています。


タオルかけのついている収納棚は、オーブンのような小窓がついていて指挟み防止でゆっくり扉が閉まります。

収納力もばつぐん!!

キッチンを裏返せば、3歳ごろの女の子たちが大好きなお店やさんごっこにも使うことができます。

コンロをひっくり返すとレジスターに早変わり。

いろいろな商品を並べて、ごっこ遊びを楽しめます。

天板までの高さもこだわり、3歳ごろの子どもたちにちょうどいいサイズになっています。

かわいいデザインなので、お部屋に置いてもインテリアの邪魔になりませんよ。

ごっこ遊びは創造力やコミュニケーション能力を高め、社会性も身につけることができので、言語発達がピークのこの時期にとってもおすすめです。

パイロットインキ メルちゃん みんなおいでよ!なかよしハウス


うさぎとくまの絵が描かれたピンク色のかわいいおうち。

展開するとメルちゃんの大きなおうちに変わります。

テーブルやカギ、お手紙セットもついていて、ドア横のチャイムを押すと「ピンポーン」と音が鳴ります。

お世話遊びは、子どもの心を育てるためにとっても大切な遊びのひとつ。

妹や弟のようにお世話をしてかわいがってあげることで、優しい心や思いやる心を育むことができるんですよ。

小さい子に自然と優しく接することができるようになったり、遊びを通して愛情あふれる心を持つことができるようになります。

バンダイ アンパンマン キラキラ氷の水族館ブロックセット


きれいな透明ブロックや水槽ブロックが入った、水族館ブロック。

ハシゴや滑り台がついているので、付属のアンパンマンと赤ちゃんマンを遊ばせてあげることができます。

ブロック遊びは知育教材としても高く評価されていますが、年齢によってブロックの組み合わせにも変化が現れることをご存知ですか?

2歳ごろまでは2ピースを組み合わせて遊ぶことがほとんどですが、3歳になるとブロックを4ピース組み合わせて遊べるようになります。

この形にするには、どれとどれを組み合わせたらいいのかな?

というのを自分で考えさせるようにしましょう。

また、3歳では8ピースを組み合わせてブロック遊びをできる子は、全体の2割未満だそうです。

たくさんのブロックを組み合わせて、いろいろな立体図が作れるように声かけしてみましょう。

トイザらス イマジナリウム小麦ねんど アイスクリームセット


主成分が小麦でできているねんどなので、万が一お子さんの口に入ってしまっても大丈夫です。

ワッフル型やアイスクリームメーカーで、自分だけのオリジナルアイスクリームを作れます。

ねんど遊びは幼稚園や保育園から保育に取り入れられ、小学校でも図工の学習の一環として使用します。

2歳ごろまでは丸・三角・ハートや動物の型抜きをして遊べるようになりますが、3歳になるとねんど遊びにも幅が広がります。

「こういう形にしたいな」と考えながら手先を使い、食べ物や動物の形に作ってごっこ遊びをすることができます。

4歳になると、さらに発展してローラーやヘラを上手に使って遊べるようになるため、こちらの商品はねんどを買い足してあげれば長く遊び続けることができますよ。

最後に

3歳の女の子におすすめのクリスマスプレゼントは、いかがでしたか?

日頃の遊びから興味や関心のあるものを見つけ出し、遊びを通してお子さんの発達を伸ばすことができるプレゼントを、ぜひ見つけてみてくださいね。

クリスマス関連記事

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ