手荒れの改善・対策に~正しいハンドクリームの塗り方や選び方は?~

冬になると手がガサガサになってかゆくなったり、
ひび割れして痛くなったりしていませんか?
そんなあなたは手荒れしやすい生活を送っているかもしれません。
手荒れ改善のために、正しい手のケア方法をマスターして、
潤いのあるキレイな手を目指しませんか?

スポンサードリンク


どうして手荒れがおきるの?その原因は?

手や指の皮膚は、皮脂を分泌する皮脂腺が少ないです。
そのため皮膚膜が薄くなり、代わりに角質層が厚くなって保護する役目を果たしています。

ところが、頻繁に水仕事をしたり手や指のケアを怠っていると、皮膚膜はさらに薄くなり
手の潤いをキープしている水分が奪われてしまい、さらに、乾燥や摩擦などの刺激が加わると
角質層は弾力を失って、干からびた餅のようにひび割れの状態に。

冬に手荒れをおこす原因は、湿度が低くなって皮膚から水分が蒸発しやすくなるとともに
水仕事でお湯を使う機会が増えることです。

手荒れの改善と対策 おすすめの方法は?

手荒れの改善には
『手をしっかりガードして使い過ぎない』ことが大事です。

①ハンドクリームでしっかり手を守ろう!
こまめにハンドクリームを塗ると、角質層がガードされて手荒れの進行を防げます。
特に入浴後はハンドクリームをたっぷりつけて、しっかりケアしましょう。

②ハンドソープを使った手洗いや消毒をしすぎない
ハンドソープは皮脂や水分を奪う原因です。
それほど汚れていない時は、流水で洗うだけにしましょう。
アルコールなどの消毒も手荒れのもとになるので最小限にします。

③食器用洗剤は2種類を使い分ける
食器用の洗剤は洗浄力が強いものと弱いもの、2種類を用意して
汚れが少ない時は低刺激性のものを使うようにしましょう。

④水や紙を触る時は手袋でガード
水仕事の多い人やダンボールや紙、布地などを触る人は
皮膚から水分が奪われ、手荒れしやすくなります。
作業中は手袋をつけて、手をガードしましょう。

⑤パソコンやスマホの使い過ぎに注意
長時間、パソコンやスマホを触る人は、指先が長い時間刺激をうけて
手荒れしやすくなります。使い過ぎに注意をして、使用後はしっかりケアしましょう。

【症状別】正しいハンドクリームの選び方

【かゆみがある】
かゆみがある時はまずかゆみを止めます。かゆみや炎症を抑える成分が配合されていて、
尿素が入っていないものがおすすめです。

【指先の角質が厚くなりゴワゴワする】
厚くなった角質を溶かしてくれる尿素が配合されたタイプを選びましょう。
ただし、皮膚の薄い部分には塗らないようにします。
刺激を与えすぎるのでマッサージは禁物です。

【あかぎれやひびがあり、指先が冷えやすい】
血行が悪いと手先にまで栄養が届かず、あかぎれやひびの原因になります。
ビタミンEなどが配合されたクリームで血行を改善しましょう。
丁寧にマッサージするのがおすすめです。

【乾燥によるかさつきが気になる】
水分と油分を補給する保湿系のハンドクリームがおすすめです。
塗った後にスマホをさわってもべたつかないものや寝ている間に
潤いを与えてくれるクリームなどがあります。


私も冬になると、手や指が乾燥して、ひび割れすることがありました。
ひび割れに尿素系のクリームを使ってしみてひどい目にあったこともあります。
昼間は水仕事が多いので、クリームを塗ってもすぐに取れてしまうので
寝る前の集中ケアで、なんとか手荒れを防いでいます。


■睡眠時間に集中ケアする方法■

①クリームをいつもより多めにとります。
②両手の甲を合わせ、まんべんなく塗ります。
③指1本ずつていねいにマッサージします。気になる部分には特に塗り込んでください。
 指の根元から指先に向かって、丁寧にマッサージしながら血行もよくしていきます。
④綿か絹の手袋をつけて寝ます。

これを3日間は続けてみましょう。
指の乾燥が改善されてきたら、クリームの量を減らしていっても大丈夫です。

まとめ

手荒れは早い段階でケアしてあげればいいのですが、進行してしまうと
爪の横の皮膚がパックリ割れたり、関節のしわに傷ができたりして
指を曲げるのも困難になります。

最近は手荒れがひどいお子さんも見かけるので、ひどくならないうちに
正しいケアで改善しておきたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ