チョコレートアレルギーの症状や対処法は?ココアやホワイトチョコレートは大丈夫?

チョコレートアレルギーって知っていますか?

たくさんの食物アレルギーがありますが、その中でも今回はチョコレートアレルギーについて調べてみました。

ホワイトチョコやココアでもアレルギー反応が出てしまうのかやどのような症状なのか、そして症状が出てしまった際の対処法をまとめてみたので参考にどうぞ♪

スポンサードリンク


チョコレートアレルギーの症状は?

add2855b047fc812721d8bda9c3b4d20_s.jpg
チョコレートアレルギーはチョコレートの原料となるカカオに含まれるチラミンと呼ばれる物質が原因と考えられています。

チラミンは血管の収縮を起こし、そのあと血管を拡張させる作用があります。

症状は様々で…

  • 蕁麻疹
  • 鼻血
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 腹痛
  • くしゃみ
  • 頭痛
  • 口や喉のかゆみ
  • 呼吸が苦しくなる
などの症状があります。

まれに、アナフィラキシーショックを起こすこともあるので、アレルギー症状がでているようだったらチョコレートを食べるのを控えた方がいいです。

またカカオにはニッケルという金属も含まれており、金属アレルギーを持っている方がチョコレートを食べる事で症状を引き起こしてしまう可能性もあります。

うちの子もチョコレートを食べると、疲れが出ている時などに症状がでます。

1番わかりやすいのは、軽い蕁麻疹です。

顔に虫刺されのような赤い膨らみがでてきます。ちょっとひどい時は、目の下の涙袋あたりが膨らみます。

本人もチョコレートで症状がでたのに気づくので、食べるのを控えているといつの間にか元に戻っています。

うちの子みたいに軽いといいですが、どんな強い症状がでるかわからないので、少しでも異変があった時はチョコレートを食べないようにしましょう。

スポンサードリンク


どんなチョコレートでアレルギーが出る?ココアは大丈夫?


一概にチョコレートと言ってもミルクチョコレートや、ブラックチョコレートなどの茶色いチョコレートではなく、ホワイトチョコレートもありますよね。その場合はどうなのでしょうか。

8e918e1ee63857b730346ae1b1f16a2d_s.jpg
ホワイトチョコレートは主原料がココアバターでできています。

それならば大丈夫かというとそうではありません。


ココアバターはカカオ豆の主成分ですのでカカオの成分が含まれているんです。

なので、ホワイトチョコレートでもチョコレートアレルギー反応が出てしまう可能性があります。


これは原材料がカカオのココアでも同じことが言えます。

チョコレートアレルギーの方はホワイトチョコを食べたり、ココアを飲んだりすることも控えた方が良いでしょう。


最近はカカオを使わずに味が似たキャロブを使ったチョコの代用品がありますから、どうしても食べたい時には代用品を食べるといいですね。

症状が出た時の対処法は?

チョコレートアレルギーに関わらず、アレルギーはどなたでもある日突然発症する可能性があります。今まで大丈夫だったからなどと安心してはいけません。


バレンタインになると、本命チョコや義理チョコ、友チョコを貰ったり、自分へのご褒美で買うなんて方もいますよね。そうするといつもより沢山チョコレートを食べるしまいます。

そんな時に体調不良を訴えて病院を訪れる方が増えています。今までチョコレートアレルギーでなかった方がいつも以上にチョコを食べる量が増えてチョコレートアレルギーを発症してしまうなんてこともあります。


このバレンタイン近くになるとチョコレートアレルギーになってしまうことをバレンタイン症候群というんですよ。


チョコレートアレルギーは酷い場合は死に至ることもあるアレルギーです。


チョコレートを食べて体調に変化が現れたときは、チョコくらいでなんて安易考えたり素人判断はせずに病院を受診するようにしてください。症状が重い場合には迷わずに救急車を呼びましょう。

802f478894f5c15a2506130411b7725f_s.jpg

最後に


大好きなチョコレートにもアレルギーがあったなんて知りませんでした。好きだからとバクバク食べたりしないように心がけようと思いました。

クッキーやケーキにも使われたりと身近な食品なので、チョコレートアレルギーの方は知らずに食べてしまわないように注意が必要ですね。

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ