卵アレルギーの赤ちゃんはインフルエンザ予防接種ができない?

インフルエンザ予防接種を受けようとした時に、卵アレルギーがあると受けられないって噂を聞いてビックリしたことはないですか?

でも、インフルエンザの予防接種をした方がいい。

一体どうなの?って悩む人も多いんじゃないかと思います。

そこで、卵アレルギーの赤ちゃんはインフルエンザ予防接種ができるかできないかについて紹介します。参考にどうぞ♪

スポンサードリンク


卵アレルギーの赤ちゃんはインフルエンザ予防接種ができない?

なぜ、卵アレルギーがあるとインフルエンザの予防接種ができないのでしょうか。

それは、インフルエンザワクチンには製造する過程で鶏卵を使っているため、インフルエンザワクチン液にはごく微量の卵の成分が入っているからです。

では、卵アレルギーをもった人は接種できないのでしょうか?


卵アレルギーがある人が全てできないというわけではありません。


接種を見合わせるべきなのは卵アレルギーにより、アナフィラキシーなどの強い症状が出る人で、軽い症状や血液検査が陽性だからといって接種できないわけではないんです。


アレルギー検査をして卵の特異的IgEがスコア5-6以上だった場合は、インフルエンザ予防接種は控えた方が良いと言われます。


でもアレルギーに関しては難しい部分もあります。


アレルギーを持っているとスコアで表示されていても症状がでなかったり、アレルギーなしになっているのに症状があったり、その時の体調でも変わってきます。


軽い症状でも体調が悪い時や副作用のリスクは考えられますので、接種する際は先生に相談してくださいね。


赤ちゃんの場合ですが、先生によって判断はそれぞれですが、離乳食などで卵を全て除去されている赤ちゃんはインフルエンザの接種は見合わせるところがあるようですよ。

スポンサードリンク


卵アレルギーの赤ちゃんはいつ頃から予防接種できる?


一般的にインフルエンザの予防接種が出来るのは生後6ヶ月からです。


ですが、卵アレルギーをもった赤ちゃんはまず、先生に相談をして下さい。


上記にもあるように、卵を除去し、全く卵を接種していない赤ちゃんはインフルエンザを接種できないこともあります。


また、卵アレルギーがあるけど、保育園での集団生活もあるし・・・


と、予防接種を希望したいけど不安な方もいますよね。


そういう場合はかかりつけの先生に相談してください。うちの子やお友達でも卵アレルギーはありましたが、かかりつけの先生から「問題無い」と言われてインフルエンザ予防接種はできましたよ。


ただ、中には強いアレルギー症状を出す子もいるので、その場合は皮内テストを行ってくれる病院もあります。(強いアレルギーは生卵を食べて30分位の間に、全身発疹・顔色不良・呼吸困難などの強い症状です。)

ワクチン皮内テストのやり方

皮内テストが行われるワクチンは

  • 麻疹(鶏の細胞)
  • MR(鶏の細胞)
  • おたふくワクチン(鶏の細胞)
  • インフルエンザ(卵)

です。
確かに、上記のワクチンを打つと、軽度の卵アレルギーのうちの子でも、発疹や熱が出たり、接種部位が腫れ上がったこともあるので、本当に卵アレルギーが強い場合は、心配でたまらないですね。

皮内テスト
10倍希釈ワクチンを皮内に注射し反応を見ます。(15分観察)

その後、
強陽性 → 中止
陰性(反応なし) → 接種 → 15分観察

陽性 → ワクチン0.1ml接種 → 15分観察
そこから反応ありの場合は中止
反応なしの場合は残り0.4ml接種して15分観察

こういう流れになります。

インフルエンザ予防接種後に気をつけることは?


予防接種の後、注意しなければならないのが副反応です。


インフルエンザの副反応で、

  • 接種した部位が赤くなる
  • ジンジンする
  • 腫れる

これらはよくみられ、大体2~3日後には消失します。

うちの子の場合は1週間痒みがひどかったので、病院を受診して、かゆみ止めの塗り薬をもらいました。


また、一部に

頭痛
悪寒
下痢
嘔吐
倦怠感
めまい
リンパ節の腫れ

があります。
しかし、これらも2〜3日後には消失します。


インフルエンザ予防接種には重い副反応もあります。

  • じんましん
  • 呼吸困難などのアナフィラキシーショック症状
  • 口腔や両手足のしびれ
  • 運動障害
  • 痙攣
  • 喘息発作


これらの症状が起きた場合はすぐ病院へ行きましょう。


赤ちゃんの場合はで初めてインフルエンザの予防接種を行う場合は、予防接種後30分ほど病院で様子見ると安心ですよ。

最後に

私も働くお母さんですので、子供の風邪には敏感になりました。

特にインフルエンザになってしまうと休みも取らなければならなくなるので、インフルエンザの時期は予防接種をしていても体調が悪いとドキドキしてしまいました。

また、幼稚園や保育園、学校になると集団生活ですので、予防のためにとインフルエンザの予防接種は毎年受けています。


私の子供は卵アレルギーですが、IgEスコアが2-3レベルでしたので、先生に相談し予防接種は受けました。軽い副反応は起きたことはありますが、重いものは出ることなく元気に過ごしています。


卵アレルギーで出る副反応も心配ですが、インフルエンザにかかってきつそうにしている子供を見るのも辛いですよね。

うちの子は1人、予防接種を受ける前にインフルエンザAにかかってしまった子がいます。

その時の辛さをみたら、腕が腫れて痒くなっても予防接種は受けさせないと・・・と思いました。

インフルエンザの予防接種をしていても、予防なので完璧ではありません。

この時期は出来るだけ人混みを避けたり、手洗いうがいを心がけ、赤ちゃんをインフルエンザから守ってあげるのも予大事な親の役目ですね。

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ