洗濯物の黄ばみ・黒ずみを取る方法!大事な衣類を白くケアする方法は?

白や淡い色の衣類が増える夏。
衣替えで1年ぶりに出した衣類が黄ばんでいたり、
洗濯したのに襟や袖口の汚れが取れていない・・・
そんな経験はないですか?

黄ばみの原因は主に汗。
黒ずみの原因は汗+皮脂です。

衣類の黄ばみや黒ずみはその都度ケアすれば、
1年後の衣替えの時にがっかりすることもなくなります。
夏に大活躍した衣類を片付ける前に、黄ばみ・黒ずみを予防しましょう。
スポンサードリンク


黄ばみを取る洗い方は?


カットソーは全体的に黄ばんだり、ブラウスは襟やわきの下の黄ばみが目立ちます。
全体的に黄ばみを取る場合は洗面器に40℃以上のお湯を入れ、
その中に酵素入り弱アルカリ性洗剤を濃い目に溶き、最低1時間浸します。
(汚れがひどい時は一晩つけます)


酵素は繊維の奥まで入り込んだ汚れを分解する力があります。
浸した液がグレーになったら、汚れが分解した証拠です。


部分的に黄ばみを洗う場合は、中性洗剤に酵素系の漂白剤を少量混ぜた液にタオルを浸して固く絞り
襟やわきなど汗が染みこんだ部分をたたきます。
すぐに水で絞ったタオルで同じようにたたき乾いたタオルで水分を吸い取ります。


黒ずみを取る洗い方は?


黒ずみは汗に皮脂が加わり、シャツの縫い目やブラウスのギャザーなどに染み込んで
頑固な汚れに変化していきます。


そこで、洗濯機に入れる前に揉み洗いをしましょう。
石けんをこすりつけ、手で揉み、縫い目やギャザーに入った汚れを浮かしておきます。
襟元や袖口の汚れは、洗濯板を使うと簡単です。
100円ショップの小さい洗濯板でも十分に使えます。


汚れやすい部分を水で濡らし、石けんをつけ、
洗濯板の波型部分に汚れが当たるようにしてこすります。
泥汚れなどのひどい汚れも、洗濯板を使うと楽に汚れが落ちるので便利です。


スポンサードリンク



水洗いできない衣類や小物の手入れは?


水洗い不可の素材(シルクやレーヨンなど)の衣類にはベンジンが有効です。

ベンジンはドライクリーニングと同様の効果を持つ揮発性の油で、
皮脂汚れを取り除いてくれます。


乾いた布にベンジンを染み込ませ、襟や脇やウエストなど汗をかく部分を拭きます。
においがあるので、ベンジンを使う際は換気に気をつけましょう。


あとは風通しの良い場所で30分ほど乾かします。
シーズンが終わる頃にはクリーニングが必要ですが、普段のケアはこの方法で十分です。


日傘や帽子、バックの手入れもきちんとしましょう。
布の日傘や帽子は洗剤を含ませた布で拭き、
そのあとは洗剤分を拭き取って乾かします。
かごや麦わら帽子はブラシでほこりを払います。

帽子の内側のファンデーション汚れや皮脂汚れは、
ベンジンでこまめに拭くといいでしょう。


まとめ


洗濯機で洗っていて一見綺麗な衣類も、
時が経つと黄ばみや黒ずみがでてきます。

次の衣替えで出した衣類が黄ばまないように、
衣替え前は特に気を付けて洗っておきましょう。

子供服もお下がり用にと長期間保管することがあるので、
その際もきちんとケアして保管したいものですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ