栗を冷凍保存する方法!皮つき・皮むき・砂糖付きの保存期間や解凍のやり方は?

秋の味覚の代表格の栗。ホクホクして甘くてとってもおいしいですよね。

栗拾いに行ったり、おすそ分けで頂いたりして「こんなに一度に食べきれない」なんてことありませんか?

常温で保存できるのは数日程度、栗は意外とデリケートなので乾燥や虫食いなどが心配です。ここは思い切って冷凍保存してみませんか?

生栗は0℃で保存することで甘みが増します。そして、冷凍保存することで甘みを維持することが出来るんですよ。

今回は栗のおすすめの冷凍方法や保存期間、解凍についてまとめたので参考にしてみてください♪

スポンサードリンク


栗の冷凍保存でオススメは?

冷凍保存と言っても、

皮つきで大丈夫?
剥いた方がいいの?

なんて疑問だらけですよね。



そこで色々な冷凍方法と、一番のおすすめをご紹介します。

皮つきで冷凍保存


栗は皮付きのまま冷凍保存することも可能です。

しかもやり方は簡単!フリーザーパックに入れて冷凍するだけです。

ただし、皮がついている分場所も取りますし、使うときも皮を剥くのが少々大変です。

とにかくすぐに冷凍しなきゃ・・・そんな時は皮つきならすぐにできますね。

皮むきで冷凍保存


皮をむいてから冷凍保存することも、もちろん可能ですよ。

ピーラーや包丁で皮を剥き、乾燥しないように水の入ったボールに入れておきます。

すべて剥き終わったらざるにあけ、水気をしっかり切りフリーザーパックに入れて空気を抜いて冷凍します。

使いたいときにすぐに使えるのでおすすめですが、乾燥や冷凍焼けの心配があります。

スポンサードリンク


1番おすすめの冷凍方法(砂糖付き)

栗の冷凍保存で1番おすすめしたいのが、剥き栗に砂糖をまぶしてから冷凍する方法です。

皮を剥き終えたらざるにあけ軽く水気を切ります。

フリーザーパックに入れ、そこに砂糖をまぶし、もんで砂糖を溶かします。

栗全体に砂糖がかかっているか確認したら出来るだけ空気を抜いて冷凍してください。

砂糖をつける少しの手間でおいしさをキープできますよ。

冷凍栗の保存期間は?

常温では数日しか保存できないですが、冷凍ではどれくらいの期間保存できるのでしょうか。

皮付きのまま冷凍した栗ですが、約6ヶ月間冷凍保存可能です。長期保存したい方は皮付きのまま冷凍すると良いでしょう。

皮を剥いて冷凍した栗は、臭い移りの心配があるので2ヶ月程度で食べ切るようにしましょう。

冷凍栗の解凍の仕方は?

解凍をすると食感や味が落ちてしまいますので、冷凍のまま煮たり、栗ご飯の場合はお米と一緒に炊き上げると大丈夫です。


砂糖を付けて冷凍した栗もそのまま使うことが出来ますし、甘さが不要な場合は水で洗い流して使ってください。

皮付きで冷凍した栗も解凍せずに皮を剥いて使うことが出来ます。高温で一気に加熱することが冷凍した栗をおいしく食べるコツです。

最後に

冷凍保存をすることで長期保存が可能になるので、無駄にすることなく栗をおいしく食べることが出来ますね。

しかも冷凍することで甘みが増すなんて嬉しい限りですよね。

私も栗が大好きなので、渋皮煮にしたり使い切れない分は冷凍して後日、栗ご飯や、栗きんとんなどに活用しています。

たくさん栗があって困ったなんて時には是非冷凍保存してみてくださいね。

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ