夏太りの原因と対策!水分補給には麦茶が効果的な理由は?

夏になったら痩せる


これは消化機能が低下して食欲がなくなった人だけです。


最近増えてきているのは、食欲が減退しなくて夏太りする人


この夏太りは、夏痩せする人と違って、秋になっても太る前の状態に戻りにくく、太ったままだと大変なことに!


そこで

夏太り対策や水分補給におすすめの飲み物について紹介します。今年の夏は太らないで体重をキープしましょう♪

スポンサードリンク


夏太りの原因は?

高カロリーのものを食べる

夏太りしやすい人は、暑くても食欲が落ちないだけじゃなく、逆に暑くなるほど、油もののなどの高カロリーのものを食べてしまいます。


食べても動けば問題ないですが、暑いと動きたくないですよね。


外でウォーキングしようと思っても、夕方でもサンサンと照りつける太陽を見てしまったら、


「やっぱり運動はやめておこうかな~」
こう思うのが普通です。


でもこの

食べても動かない


この悪循環が夏に太る原因の1つです。


そういえば私も、仕事をするようになってから、暑い昼間はクーラーが効いた会社にいて、帰ってからもクーラーの入れっぱなしで涼しい環境にいるせいか、


「暑くて食欲ないな~」
って思うことが少なくなりました。


そして、


「夏バテしないようにしっかり食べないと・・・」
なんて言いながら、高カロリーのものを食べてしまってます。


しかも運動は

きついからやりたくない
暑いからやりたくない
汗かいて着替えるのが面倒

こんな理由をつけてダラダラとしてしまって、食べた分が消費できないから太るんですね。

冷たいものをとる


暑いと冷たいものが食べたくなりますよね。

  • アイスクリーム
  • プリン
  • ゼリー
こういったものは、食欲があんまりなくてもどんどん食べられるんですよね。

そうすると、気づいた時には

糖分のとり過ぎで夏太り

ってことになってしまいます。そうならないように食べ過ぎには注意してくださいね。


バニラアイスクリーム77g・・・139kcal
カスタードプリン100g・・・126kcal
オレンジゼリー100g・・・70kcal

結構カロリーありますよね。


スポーツ飲料やジュースを飲む

先程の冷たいものと同じで、スポーツ飲料やジュースも気づかないうちに沢山飲んでますよね。


缶コーヒー260ml・・・60Kcal
コーラ350ml・・・60kcal
シェイク(バニラ)Mサイズ・・・330kcal
スポーツ飲料350ml・・・80kcal
レモンティー200ml・・・53Kcal

1日に1杯飲むぐらいだったらいいんでしょうけど、これが何杯にもなるとかなりのカロリーになりますね。


どうしても汗をかくと水分を摂らなきゃと思うんですが、こういう糖分の入った飲み物は知らず知らずのうちに糖やカロリーを摂取してしまうので注意が必要です。

スポンサードリンク



夏太りの対策

夏は、実はカロリーの消費を抑える季節で、基礎代謝が落ちてしまいます。

そんな時期にカロリーを摂りすぎることから、必要以上のカロリーが体の中に取り込まれ太ってしまいます。

それに、暑いと動きたくなくなり、さらに代謝が悪くなって太る一方です。

そこで夏太りを予防するには

  1. 運動
  2. 食事
  3. 飲み物
  4. 睡眠
この4つが大事になってきます。


運動をする

夏の運動となると、朝早くや夕方のウォーキングやジョギングがおすすめです。

ただ、その時間って主婦には忙しい時間帯ですよね。

うちでも、朝課外がある子供を駅に送っていく時間がちょうどそこまで暑くもなくいい時間帯なんですが、学校がある限り無理です。

同じ年代の女性が走っているのを見て、「いいな~」なんて思ったりもします。

でも、できないならしょうがないですよね。

そこでおすすめなのが、ながらダイエットです。

料理をしながら・・・
掃除をしながら・・・
洗濯物を干しながら・・・

こういう時にやるんですが、1番いいのは

お風呂に入りながらダイエットです。

夏の暑い日にシャワーだけで済ますより、お湯に浸かってマッサージやストレッチをすることで、代謝アップしてダイエットに効果的です。


ウエストをシェイプする激しい運動もありますが、夏は暑さで疲れてぐったりなりやすいので、これくらいゆっくりした動きの方が続けられそうですね。

この動きも難しい場合は、ゆっくり腹式呼吸するだけでも違いますよ。


食事に気をつける

食事をする時に、脂肪燃焼に不可欠な

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
の含まれる食材を食べましょう。

うなぎ・豚肉・レバー・納豆に含まれているので、食事に取り入れてくださいね。

飲み物に気をつける


水分補給には夏太りの原因になるスポーツ飲料やジュースのとり過ぎをやめて、麦茶を飲みましょう。

麦茶は0kcalの飲み物です。

緑茶も0kcalの飲み物ですが利尿作用が強いので、夏の汗を出しやすい季節に尿でも水分を出していたら、脱水状態になりやすいです。

年々歳を取ると、このちょっとした脱水状態から夏は心筋梗塞になったりという危険性もあるので、気をつけたいですね。

それに麦茶はビタミンB1が豊富で、汗によって失われてしまうミネラルも補給できます。

他にも
  • 血流改善
  • 抗酸化作用
  • 血圧降下
  • 胃粘膜保護
  • 虫歯予防
といった効果もあります。

こんな効果があるので、夏太り対策には麦茶を飲むこが1番おすすめです。


睡眠をとる

暑くて寝苦しくて睡眠不足が続くと「夏太り」の原因になります。

最低でも5時間以上は眠れるほうがいいですよ。

実は、睡眠時間が5時間以下の人は、5時間以上寝ている人の1.4倍も太りやすいんです。

6時に起きる場合、夜中の1時に寝れば5時間になるので、短くても5時間は眠れるように調整してみてください。


最後に

スポーツ飲料やジュースってあるとどうしても飲んでしまいますよね。

でも、その1杯1杯に糖分やカロリーがあって、夏に太ってしまうんです。

だったら、冷蔵庫には麦茶を常備して、食事や運動・睡眠に気をつけて、この夏は夏太りしないようにしていきましょう!

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ