20秒リンパ呼吸法のやり方と効果は?免疫力UPやダイエットにいいの?

20秒リンパ呼吸法は、マッサージではなく呼吸でリンパの流れを良くする方法です。


リンパマッサージでもリンパの流れは良くなりますが、このリンパ呼吸法をやると、マッサージでは良くなりにくい場所のリンパの流れが良くなり、そこから体にとっていい効果が出てきます。


今回は、この20秒リンパ呼吸法のやり方や色んな効果について紹介します♪

スポンサードリンク


20秒リンパ呼吸法とは?

このリンパ呼吸法を教えてくれるのは「リンパ呼吸」で不調は治るの著者の大橋俊夫先生です。





この本の表紙を見てください。

女性が仰向けになって寝ていますよね。

これが20秒リンパ呼吸法で呼吸する時の姿勢になるんです。


仰向けの姿勢+腹式呼吸


これがリンパ呼吸ですよ。

20秒リンパ呼吸法のやり方


1.仰向けに寝る
2.へその上に両手を重ねておく
3.ゆっくり深く鼻から息を吸い込みながら、お腹を膨らませる
4.お腹いっぱいに吸った後、ゆっくり口から息を吐きながら、お腹をへこませる
5.③と④を交互に呼吸する

これはリンパ呼吸法の基本的なやり方です。


今回、TV番組の【主治医が見つかる診療所】では、「20秒リンパ呼吸法で免疫力もアップ!】では、「20秒リンパ呼吸法で免疫力もアップ!」を教えてくれます。


ここはきちんと効果を出したいので、番組で紹介された呼吸法を追記しますので待ってくださいね。

リンパ呼吸法はどうして効果あるの?

リンパ呼吸法では腹式呼吸をするんですが、この腹式呼吸は腸の周りのリンパの流れを良くしてくれるんです。


リンパマッサージをしたことがある人はわかると思いますが、肌の上から手でリンパの流れに沿って撫でるだけでも、リンパの流れは良くなります。


顔がむくんだ時に、耳の後ろから首筋に沿って鎖骨あたりに手のひらをすーっと動かすだけでも、顔のむくみがとれます。


これは、リンパマッサージでリンパの流れが良くなって、老廃物などをリンパ液に流してくれて、スッキリするんです。


でも、お腹の中は簡単にいきません。


腹部のリンパは、体の他の部分と違って深層リンパと呼ばれていて、手の刺激が伝わらないため、リンパマッサージでリンパを流すのは難しいです。


そこで行うのが「リンパ呼吸法」なんです。


リンパ呼吸法をやると、腸のリンパを流すことができて、これが色んな効果を出してくれるんですよ。


お腹を膨らましてへこます。


これを繰り返すことで、腹圧が高まって腸の蠕動運動を促します。


蠕動運動が促されると、腸のリンパの流れが良くなり、腸の動きが活発になって効果が現れてくるんです。


それに、中年になるとお腹のお肉がたっぷりで、マッサージの効果が望めません。


これが腹式呼吸で、お腹の中に刺激を与えられるなら、今すぐやるしかないですね。
スポンサードリンク

20秒リンパ呼吸法の効果は?


  • 免疫力UP

  • むくみがとれる

  • ダイエット効果

  • 便秘解消

  • 美肌効果

  • まだまだいい効果は沢山ありますが、この効果だけでも健康にも美容にも凄くいいということがわかりますね。


    特に、腸の周りのリンパの流れが良くなることでの効果は絶大です。


    腸は最大の免疫臓器と言われるぐらい、私達の体にとってとても重要な役目があります。


    この腸が元気になると、体の不調がなくなり、更に若返りの効果も期待できるって嬉しいです。

    効果を高めるためにやっておきたい事

    20秒リンパ呼吸法だけでも効果はありますが、もっと効率よく効果を上げたいですよね。


    おすすめは運動することで、ウォーキングをやるととてもいいんですが、主婦って忙しくて、ウォーキングしてる時間がないです。


    そこで、毎日少しずつでも腹筋をしましょう。


    リンパ呼吸法では腸に腹圧をかけると説明しましたが、ここに腹筋があるともっとリンパの流れがよくなるんです。


    横になって自分のお腹を見るように首を上げる腹筋でも少しは効果がありますが、腹筋の効果を出したいときには立ったまま5秒腹筋です。


    立ったまま5秒腹筋エクササイズのやり方!お腹ポッコリを解消しよう
    40代になって腹筋を鍛えようと思ったら、結構難しくないですか? ちょっとお腹に力を入れたやっただけでブルブルしてしまったり、腹筋をやってるつもりなのに効果...



    これなら、効果が出やすいですよ。

    最後に

    人は寝ている時には自然に腹式呼吸をしていて、リンパも自然に流れています。


    でも、年齢を重ねていくうちに、そのリンパの流れが悪くなって、むくみや便秘なども出てきます。


    とくに油断してうつ伏せに寝てしまうと、翌朝、顔がパンパンで困るんですが、若い時はリンパマッサージですぐに解消できたむくみが、今となってはなかなか取れないです。


    そんな状況にならないためにも、起きている時には20秒リンパ呼吸法をして、リンパの流れを良くして、むくみや便秘だけじゃなく、体中の免疫をアップしていきましょう!

    ■免疫力UPにはこんな記事もおすすめです

    呼吸筋ストレッチの効果は?免疫力アップや代謝アップに有効なやり方は?

    LPSが多く含まれる食材は何?免疫力アップでインフルや花粉症を予防!

    免疫力を高める食事のとり方!効果を上げる6つのポイントとは?

    スポンサードリンク

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ