たけのこのゆで方で簡単な方法は?水のみ・電子レンジ・圧力鍋でも大丈夫?


たけのこをもらって「どうやってゆでるの?」って悩むことはないですか?


たけのこの時期になると、主人の実家や近所の方から、とったばっかりのたけのこをよくもらうんですが、いつもすぐにゆでたものをもらってました。


でもここ数年、お姑さんから「ゆでるの大変だから、自分でゆでて」と言われながらも、笑ってごまかしてましたが、さすがにそれもできなくなってきました。


そこで、たけのこのゆで方で誰でも簡単にできる方法を探したのでシェアしたいと思います。参考にどうぞ!

スポンサードリンク


たけのこのゆで方

たけのこをゆでる時、基本は鷹の爪とぬかを一緒に鍋に入れ、皮つきのままゆでます。

親世代だったら【ぬか】をもってるかもしれないですけど、私は家に【ぬか】は常備してないです。


だからといって、たけのこをゆでる為だけに購入するのも・・・。


そこで色々調べてみたら水だけでゆでたり、別のものを代用してゆでる方法がありました。


では、ゆでる前に下準備からやっていきましょう。

茹でる前の下準備


まず、たけのこを洗って皮の汚れを落とします。

たけのこの長さの4分の1を目安に、穂先を斜めに切り落とします。

この時、結構切りにくいので、しっかり抑えるようにしてください。ぐらぐらゆれると手を切りそうになって危ないですよ。

次に、根元の堅い部分から包丁の刃先を入れて、たけのこの堅い皮の部分に切り込みを入れます。

その切込みから、堅い皮をむいていきます。


皮は、根元の白い部分が見えるまでむきます。皮をむくと、小さくなって鍋に入れやすい大きさになるんですが、「こんなに大きいの!?」とビックリするくらいのたけのこもあります。

そんな時は、半分に切ってしまいましょう。


皮をむいてみて、根元が白かったらそのままで大丈夫ですが、黒い斑点がある場合は、えぐみの原因になるので取り除きます。


皮ですが、堅い部分はむいてしまいますが、全部剥いてしまうのはやめてください。この皮を残して茹でるのが美味しく仕上げるコツです。


ここまでが下準備です。


たけのこが沢山ある時は、皮のゴミが沢山でてしまうので、床に新聞を敷いて、その上でどんどんむいていくと、最後に新聞で一気にゴミをまとめられるので、後片付けが簡単ですよ。

では茹でていきましょう。

基本のゆで方

簡単なゆで方の前に、基本的なゆで方も紹介します。

もしお姑さんから「どうやってゆでてるの?」って聞かれても、これを知っていたら、「基本のやり方はこうですけど、こっちの方が簡単にできるので」って言えますからね。


下準備は一緒で、ゆでる時にぬかと唐辛子を入れて、鍋で竹串がスーッと通るまで柔らかくします。


ぬかと時間があれば、こうやってコトコトやれば確実でしょうけど、忙しかったりぬかがなかったりする場合も多いですからね。

そんな時は簡単な方法でゆでましょう!

たけのこのゆで方で簡単な方法は?

私がやってみて、これだったら簡単かな~と思う方法を3つ紹介します。

・水のみでゆでる
・レンジでゆでる
・圧力鍋でゆでる

水のみでゆでる方法は、糠(ぬか)や唐辛子がない人におすすめです。
糠(ぬか)がないと、アクが取れないって言われたりもしますが、そんなことはないです。
たけのこによってはえぐみがあったりもしますが、これは基本的なゆで方でも同じです。
ほったたけのこはすぐにゆでる方が断然美味しいので、糠(ぬか)がなければ、水飲みでゆでていきましょう。

たけのこの茹で方(水のみ)


1.たけのこが入るような大きな鍋を用意する。

2.水をたっぷり入れた大きめの鍋に、たけのこを入れて落とし蓋をして沸騰させる。

3.たけのこに竹串がすっと刺さるまで茹でる。

4.そのまま鍋ごと冷ます。

5.皮をむいて、水にさらして保存。

水で茹でるのはこれだけです。

とにかく柔らかくなるまで茹でてください。そして、鍋は大きなものじゃないと、たけのこの茹で具合にムラが出てしうので注意します。

大きな鍋がない時は、たけのこを切ったり、数回に分けてゆでるしかないですね。

電子レンジを使ったゆで方

たけのこがそんなに多くない時は、電子レンジでゆでるのも簡単です。

うちでも、小さめだけど・・・とたけのこをもらった時、下準備をしていたらどんどんちいさくなってきて、鍋に入れて茹でるのも大変かなぁと思って電子レンジを使ってみました。

最初はちょっと失敗しましたが、ゆでることはできましたよ。では電子レンジをつかったゆで方です。下準備は同じです。

1.下準備ができたたけのこの皮はすべてむいてしまいます。

2.そのままだとゆでにくいので、たけのこを部位別に切り分けます。

3.大きい場合は、穂先・真ん中・下の部分で3つに分け、真ん中は節2つほどで輪切りにしたものを、さらに縦と横に十字に切ります。下の部分は、節1つほどで輪切りにして、真ん中と同じように切ります。

4.耐熱ボールに水(ボールの3分の1ぐらい)・小麦粉大さじ2・お米大さじ2を入れます。

5.切ったたけのこを加え、水が足りなかったら、たけのこが被るくらいまで水を足します。

6.電子レンジ600Wで10分温めます。その時にラップや蓋はいりません。

7.柔らかくなっていたら、水で洗って保存します。


小麦粉やお米は、アク抜きのために入れます。


そして気をつけたいことは

  • 水を多く入れすぎない
  • ラップは絶対にしない
  • 小さい器で加熱しない

  • この3つです。


    うちの耐熱ボールはそこまで大きくないので、水の入れ過ぎでまず失敗して、ラップで蓋をしてしまって、加熱中にブクブクと中の水が出てきて、電子レンジの中が大変なことに!!


    あとから、ラーメン用の丼でやればよかったと後悔しましたが、すぐに気づいて一旦止めて、ゆでるたけのこの量を減らしたら大丈夫でした。

    たけのこの量と器の大きさには十分注意してくださいね。


    電子レンジでゆでたたけのこは、鍋でゆでたものと同じでちゃんと食べられましたよ。


    たけのこが小さかったり、量が少ないなら、電子レンジでゆでるといいですね。

    時短でゆでたい時は?

    忙しい時や、沢山たけのこがある時は、なるべく短い時間でゆでたいですね。


    そこで使うのは圧力鍋です。


    うちの鍋の中で1番大きいのは圧力鍋なので、量が多い時は圧力鍋を使ってみました。


    圧力鍋だと15分ほどでゆで上がり、あとは圧を抜いて、自然に冷ますだけなので、火のそばにいる時間は短くて済みますよ。


    やり方はわかりやすい動画があったので、見てみてくださいね。
    ↓  ↓  ↓



    この動画ではゆでたたけのこは水につけて保存していましたが、毎日水を変えるのが面倒な場合は冷凍保存もできますよ。
    たけのこの保存 冷凍できるの?その場合の保存期間は?

    最後に

    たけのこって意外と簡単にゆでられますね。


    ぬかがないと美味しくならないかと思ったら、お米で代用したり水だけでも十分おいしいです。


    でも、これは新鮮な場合だけです。ほって時間がたったたけのこは、ぬかを入れてゆでたものでもえぐみがあったりするので、もらったらすぐにゆでるようにしましょうね。

    スポンサードリンク

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ