笑いヨガの効果ややり方!COPDのリハビリにも

笑いヨガはインドの医師が始めたラフターヨガと言われるものです。

これが、日本にも伝えられてヨガ道場も日本各地にあるんですよ。

名前だけみたら笑う+ヨガなので、笑うだけじゃいけないってことはわかりますね。

そこで、笑いヨガのやり方や効果などを紹介します!

スポンサードリンク

笑いヨガとは?

笑いヨガとは「笑いの体操」と「ヨガの呼吸法」を組み合わせた健康法です。

ヨガって聞くと、体をひねったり伸ばしたりといった動きをしますね。

笑いヨガでは、ヨガの呼吸法を使いながら笑いを取り入れるので、小さな子どもでも年配の人でもできます。

すごく簡単で、こんなことで健康になれるの?って感じですが、長い時間しっかり行うとかなりの運動消費量になるんです。

インドの医師が広めた笑いヨガは、医療的な効果も期待でき、日本でも吉野病院の院長の福岡篤彦先生が、慢性閉塞性肺疾患(COPD)患者の呼吸リハビリに応用されています。

友人のお父さんがCOPDと診断されていますが、歩くのだけでもハァハァいうほどきついそうです。

笑いヨガで少しでも楽になるなら教えてあげたいと思いますね。

笑いヨガのやり方

1、深呼吸
2、五感を使う
3、脱力する
4、テンションをあげる
5、深呼吸で笑う
6、動きながら笑う
7、深呼吸

文字だと難しいので、動画で確認してみてくださいね。



振付をしながら笑うエクササイズも紹介しますね。

スポンサードリンク

梅干し笑いエクササイズ

梅干しを食べた時をイメージしてください。

あの梅干しの酸っぱさを思い出しながら、口をすぼめて、目をしょぼしょぼさせて、顔のパーツが中央に集まるような表情をします。

その表情のまま「オホホホホホ」と笑います。

10秒ほど行うようにしてくださいね。

酸っぱい梅干しを口に入れることをイメージしてやると、だ液が普段より多めに出る感じがします。

だ液は免疫力アップに効果があるので、おすすめです。

宝くじ大当たり笑いエクササイズ

このエクササイズは、宝くじの高額当選をイメージします。

もし自分が当たったら、どんな風になると思いますか?

両手を上げてやったー‼って飛び上がりますよね。

そういう感じをイメージして、ぴょんぴょんとジャンプしたり、ぐるぐる走り回って笑いましょう。

笑うと福がくると言いますから、このエクササイズをしていると、本当に宝くじに当たってしまうかもしれませんよ。

笑いヨガの効果

笑いヨガを5分すると、15分運動したのと同じ効果があるといわれています。

実際に、思いっきり笑うと腹筋が痛くなるほど、鍛えられているのがわかります。腹筋がこるぐらい笑うとダイエット効果もあります。

笑う時に、深呼吸をすることで、体内に酸素を多くとりこめるので、血行が良くなって体が温まります。

その他にも

  • うつ病、不眠症、慢性疲労といった症状の改善
  • ストレス解消
  • 不安解消
  • 愉快体質になる
  • 免疫力アップ

  • こんな効果も期待できます。

    最後に

    家の中で簡単にできる笑いヨガで、免疫力がアップしたり、ダイエットできるならやらない手はないですね。

    他にも色々ある笑いヨガのエクササイズすれば、長い時間飽きずにやることもできます。

    是非やってみてくださいね。


    スポンサードリンク


    オススメの記事

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ