初節句で女の子のひな人形は大きいと困る!おすすめのものは?

女の子の初節句は3月3日の桃の節句ですね。

お祝いのやり方も色々あるんですが、気になることの1つにひな人形をどうするか?というのがありますね。

うちも長女の時は色々悩みました。

今みたいにこんなにネット情報もないので、雑誌の特集を見たり、お店でパンフレットをもらったり、冠婚葬祭の本を読んでみたり・・・。

そんなことも思い出しながら、今だったらこんなひな人形がいい!というのを紹介します。

スポンサードリンク


女の子の節句(桃の節句)にどうしてひな人形なの?

折角なので、まずはここも知っておいてくださいね。

ひな祭りの歴史は古く、3月初めの巳の日に上巳の節句といって、無病息災を願うお祓いの行事をしていました。

神に祈り、食べ物をお供えし、また人形(ひとがた)に自分の災厄を託して海や川に流していました。

また、その頃、上流の少女たちの間で「ひいな遊び」というものが行われていました。ひいなとは紙の人形のことで、今のままごと遊びだったようです。

こうした行事と遊びが重なってひな祭りが出来ました。

ひいなには、小さくてかわいらしいものという意味の他に、大きいものを小さくするといった意味もあったので人形(ひとがた)とも意味が重なり、いつしか人形(ひとがた)は「流しひな(雛)」と呼ばれるようになりました。

江戸時代になると人形作りの技術が発達し、紙の流し雛より豪華な人形が作られるようになりました。

すると、人々は雛人形を川に流すのではなく、飾るものへと変わっていきました。

江戸時代になると上巳の節句を3月3日に制定しました。

そして、上巳の節句にはこれまで行われていた流し雛の変わりに雛人形を飾る風習へと変わっていきました。

雛人形には厄災を人に変わって引き受ける人形(ひとがた)の役割があったため、女児の健やかな成長や幸せを願う日となったと言われています。

スポンサードリンク


ひな人形は誰が買うの?姉妹の場合は?

雛人形は昔、嫁入り道具の一つでもあったことから、雛人形を送るのはお嫁さんの実家から送るのが一般的です。

そして、雛人形には子供を守るという意味も込められていることから、「一人につきひと飾り」が良いと言われています。

でも雛人形はスペースを取るので、姉妹や三姉妹に一つずつでは、置く場所にも困りますね。

そこで、二人目に人気があるのは「つるし雛」と呼ばれるものです。

turusibina
雛人形は高価なもので上流階級の人しか持てなかったため、庶民の人は、娘の成長を願うため、雛人形のかわりにはぎれなどを使い人形を作り、それをつるして飾っていたそうです。それが「つるし雛」です。

ご近所のお年寄りが集って、自分たちで手作りをされたひな人形や、娘さんやご自身のひな人形を集めて公開されているですが、ここでもよく「つるし雛」が飾られています。

お花や金魚、ウサギ、果物、野菜など、色んなものが下げられていて可愛かったです。

こういうキットもあるので、手づくりもいいですね。



今どきのひな人形は?

昔の雛人形は何段もあり、立派なものでした。

出来れば、あの立派な雛人形を見せてあげたいですが、現代の家やマンションでは大きな雛人形を置くスペースに困りますよね。

うちのひな人形は3段飾りですが、かなり大きめの物で、飾るのも片づけて収納するのも毎年大変だと思ってしまいます。でも飾ってお雛様を見ると、大事にして子供に持たせたいって考えてしまいます。

1月ぐらいになると色んな所でお雛様を見かけますが、今どきの雛人形は小ぶりになってるなと思いました。

お内裏さまとお雛様だけケースに入っていたり、三人官女までが揃っているものが人形あるようですね。あとお雛様の台はしっかりしていてお内裏様とお雛様が座っているものだったり、色々なひな人形があるんですね。

やっぱり今は体裁を考えて大きいものより、小さめのものが人気だそうです。

特にマンションに住んでる方は雛人形の収納に困ると思います。今はコンパクトに収納が出来る雛人形もあるのと、祖父母も大き目のひな人形にお金をかけるより、小ぶりのものにしてお祝いを渡したり、色々変わってきているようですね。

特にケース入りを持っている友人は、そのまま出してそのまま片づけるだけだから簡単で、中も汚れなくていいよ~って言っています。

いとこは小さなひな人形をリビングに置いて、下の子のひな人形は玄関に置いています。

これは手芸屋さんで雛人形のキットを買って作ったそうです。お内裏さまもお雛様も素敵なちりめん生地の着物を着ていて見たい瞬間決めたと言ってました。

今はインテリア感覚で飾れる雛人形も増えていますので姉妹でも一つずつ雛人形を購入しやすいかもしれませんね。

おすすめのひな人形はどれ?

格式を重んじるような家庭なら、立派な物がいいですが、今はそんな時代じゃなくなっています。

自分の経験からいうと、大き目の物よりも小さ目で飾りやすさと片づけやすさを重視した方がいいと思ってます。

和室があれば、収納飾りだと、お雛様を飾っている時以外はお雛様の台になっていたものの中に、お雛様を収納してそのまま置いていても、見た目が悪くないのでいいですよ。

親王飾りで、ケース入りのコンパクトな物だと、チェストの上にのせて飾り、片付けはそのまま段ボールに入れたらいいので出し入れが簡単です。

子供の為のひな人形ですが、出し入れが大変で結局出さなくなった・・・なんていうのはない方がいいですからね。

最後に

自分たちで購入するなら、やはり、自宅に合わせたものがいいです。

ご両親が購入してくれる場合は、ある程度、サイズや種類は伝えておいた方がお互いいいですね。

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ