初節句で女の子の場合のお祝いのやり方は?

初節句は子供が生まれて初めて迎える節句のことですね。

女の子は3月3日に男の子は5月5日にお祝いするんですが、そのやり方を知ってますか?

その地方によって変わってくる部分もありますが、一般的なことは同じです。

折角の初節句に色々戸惑わないでいいように、今回は女の子の初節句のお祝いのやり方を紹介します。

スポンサードリンク

女の子の初節句のお祝いの仕方

女の子の節句は「桃の節句」
男の子の節句は「端午の節句」

こう言われているのはみんな知ってますよね。

桃の節句にはひな人形
端午の節句にはこいのぼりやかぶと

を飾りますね。

初節句ももちろんそうです。

雛人形を飾り、両親や祖父母、親戚などと一緒にちらし寿司やお吸い物などの祝膳を用意してお祝いをします。そこにひなあられや、菱餅もあると彩りを豊かにしてくれます。

そして赤ちゃんが健やかに育ってくれるようにお祝いします。

生まれて間もない時の初節句は?

ここで気をつけたいのが生まれた日です。

生後1カ月以内に初節句がくる場合は、初宮参りもすんでいないので、次の年に初節句のお祝いを行なっても良いです。

うちはみんな初節句は生まれて最初の3月3日にしましたが、1人冬生まれがいて、首も座っていなかったので、お祝いの時には寝かせているだけでした。

また、早くすると大変なのは、ひな人形の準備です。

ひな人形を選んでくれる親御さんも生まれてすぐ「どれにしよう・・・」ってなかなか選べませんよね。

それだったら、次の年にゆっくり選んで用意してあげる方がいいですね。

また、ママも産後疲れも出やすくなるため、両家の両親に相談して、1年遅らせてもいいかどうか判断して行いましょう。

おすすめのひな人形はこちらの記事も参考にどうぞ
初節句で女の子のひな人形は大きいと困る!おすすめのものは?

初節句の女の子の衣装(服)は何を着せたらいいの?

初節句の時に何を着せたらいいかって悩みますよね。

節句は日本の伝統行事なので、和服にしたいママも多いです。

その場合、初節句には被布が1番人気です。

袖無しの羽織ですが、1万円ちょっとで簡単に着せられるセットがあり、体型は80㎝を目安に作られているので、生まれて数ヶ月経っていたり、身体が大き目の子だったらこれで大丈夫ですね。


初節句でちょっと大きなサイズでも、次の年も使えるので、着物を着せたい!って時はこれがおすすめです。



これだったら、汚れても安心ですし、着付けが簡単っていうのもいいですよ。オムツ替えの多い赤ちゃんにはよいアイテムです。

着物じゃなくてもいいなら、セレモニードレスもとても可愛いですよ。

大きめの着物を着せるより、体型に合ったものを着せたい!そんな時はドレスだったら対応できますね。

チュールたっぷりのドレス姿は丸みのある赤ちゃんならではの可愛さがあります。

最近では海外の可愛いドレスも安く購入出来ますし、ヘッドアクセサリーもとても可愛いものが多いですよ。

せっかく和装やセレモニードレスを着ているので、写真館で写真を撮ってもらうのも良いですね。

親戚や兄弟からのお祝いのお返しは何をする?いつまでに返す?

子供の行事で気になるのは、親戚や兄弟から頂くお祝いですね。

初節句で頂いたお祝いに対してはお祝い返しは必要とされてないです。

祖父母に雛人形を頂いた場合などは、初節句のお祝いに祖父母や親戚を招待し、お祝い膳を囲むことがお礼になります。


お祝いの席に招待出来ず、お祝いを頂いた方にはお礼のお手紙を書きましょう。

頂いたものに対して、お礼をすることは最低限のマナーでもあります。

また、感謝の気持ちとしてお礼の品を送りたい場合は、お祝いの半額程度のものが相場となっています。

タオルやキッチン用品、お菓子の詰め合わせなどが人気です。

最近では、ネットでお返しを購入してそのまま送ってもらうという事も多いですね。

そんな時は、お返しの品とは別に、手紙と子供の写真も贈ると喜ばれます。

お返しをするなら、なるべく3月中に送るようにしましょう。

スポンサードリンク


友人の体験談

1歳になるまでは本当にお祝いごとが多いですね。

お宮参り、お食い始め、初節句、最近ではハーフバースデーなんかもありますね。

友人でうちよりもさらに遅く生まれた冬生まれ子は、お宮参りと初節句を一緒にお祝いしていました。

一つ一つお祝いをしてあげたかったみたいですが、生まれた時期もありますし、ママも産後疲れも出てくる時期なので、ここは臨機応変にしたそうです。

行事を分けると両親を何度も呼ばなければいけないし、用意や段取りが大変だという事も考えたそうです。

今は昔のように全ての行事を盛大に祝うわけではないので、こんな形でも日本の伝統行事としてやってあげるのもいいですね。

最後に

1歳になるまでのお祝い事はとても多いですが、それだけ変化のある時期でもあります。

昔は1歳になることがやっとだったので、一つ一つの節目を大切にされていたのかもしれません。

今は健やかに赤ちゃんは育ちます。

それを当たり前と思わず、一つ一つの節目で赤ちゃんの成長に感謝して、寝返りした!座った!立った!の成長の記録と一緒にやるのもいいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ