あいうべ体操の効果が凄い!口呼吸から鼻呼吸で役に立つことは?

通っている歯医者の先生に教えてもらったあいうべ体操。実は凄い効果があるんです。

このあいうべ体操をやることで、口呼吸から鼻呼吸にかわることで免疫力のアップにつながりますが、効果はそれだけではありません。

今回はあいうべ体操の効果ややり方を紹介します。

スポンサードリンク


あいうべ体操の効果は?


まずはどれくらい効果が凄いのかを紹介します。あいうべ体操を知ったのは、うちの子が歯医者さんで歯の矯正を始めた時です。

そしゃくの時に口があいてしまううちの子は、あごが少し小さく、大人の歯が生えてこようとしてもそのスペースがない為、無理矢理歯が生えてきて歯並びが悪くなってしまうという状況でした。

そこで先生が教えてくれたのがあいうべ体操です。

DSC_0284

口呼吸が鼻呼吸になる


どうしても口呼吸のクセがついている為、そしゃくの時に口があいたり、寝ている時に口があくため、歯並びに悪影響がでていました。

でも、このあいうべ体操をやることで鼻呼吸ができるようになりました。

アレルギー体質の改善や免疫力アップ


うちの子は、アレルギー体質です。花粉症や動物アレルギーにほこりなども反応する為、1年中と言っていいほど鼻炎の症状がありました。

これが鼻呼吸になることで、鼻で汚い空気をろ過してくれるため、バイ菌が体の中に入っていきにくくなります。これは白血球がバイ菌を消化してくれて細胞内のミトコンドリアが活性化して免疫力をアップしてくれます。

インフルエンザにかかりにくくなる


免疫力がアップすることで、インフルエンザにかかりにくくなります。福岡県の春日市にある小学校では、6年前からあいうべ体操を取り入れていて、5年前から学級閉鎖がなくなったそうです。

あいうべ体操をやって鼻呼吸に変えるだけで、こんなに効果があるなんて凄いですね。

ほうれい線の予防や小顔効果


女性が気になる、ほうれい線の予防にもあいうべ体操はいいんですよ。あいうべ体操を実践している小学校の養護の先生は、あご周りがスッキリしてきたと言われ、小顔効果も期待できます。

スポンサードリンク


あいうべ体操のやり方と注意点


1.あ(口を大きく開けます)
2・い(口の端を上げます)
3.う(口をぎゅーっと丸めます)
4・べ(思いっきり舌をだします)

あいうべ体操は口の周りの筋肉を鍛えるための体操です。ただ、「あいうべ」とやるだけでは何も効果が出ません。

歯医者さんでも、子供が先生と一緒にやりながら、色々と注意を受けていました。先生は「真剣にやったら数回で疲れますよ」と言われていて、私も一緒にやったらかなり筋肉がぴくぴくなって、普段使っていなかった筋肉の動きを感じることができました。

注意することは口の形を変える時に力を抜かないことです。

そうして一文字2秒ずつぐらいのゆっくりとした速さでやっていきます。

これを1日30回やると、色んな効果を実感できるようになります。慣れてくると疲れてプルプルしていたのが無くなってきます。最初のうちは鏡で口の形を確認しながらやってみてください。

最後に


あいうべ体操の効果はいかがでしたか?

特に子供のうちからやっておくと、免疫力アップで病気をしにくくなり、歯並びが良くなり、脳の活性化にもつながっていきます。

これ、やっていて損はないですね。子どもだけでさせようとすると続かないので、お母さんも一緒にやって健康になり、小顔にもなってしまいましょう!

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ