熱中症の予防のために水分補給するなら何がいい?効果的な飲み方は?

どんどん暑くなる季節に気をつけないといけないのが、熱中症です。


気温が高くなると熱中症で運ばれる人が増えてきていると、日々のニュースでも伝えられていますし、その中で命を落とす人もいます。


自分の家族が熱中症にならない為にも、熱中症予防をしっかりしましょう。


今回は色んな予防法の中でも、水分補給について、効果的な飲み方やどんな飲み物がいいかを紹介します。

スポンサードリンク


予防のための水分補給に最適な飲み物は?


熱中症予防のための水分補給に最適な飲み物は、塩分(ナトリウム)を含むスポーツ飲料です。


暑い時、人は汗をかいて体の熱を下げようとします。熱を出した時に、汗をかいた後に「熱が下がった」というのも同じですね。

その汗には、水分の他に塩分(ナトリウム)が含まれています。汗がふとしたひょうしに口に入ると塩気がありますね。それは、体から塩分も出ていってるからです。


そのため、適度な塩分を摂取できるスポーツ飲料を飲むのがいいんですね。


中にはスポーツ飲料が苦手の人もいるかもしれません。うちの家族はあるスポーツ飲料が体に合わないのか、飲むと必ず具合が悪くなったので、そのスポーツ飲料はさけるようになりました。


色んなメーカーから販売されているので、自分にあったものがあればそれが1番です。


でも、どのスポーツ飲料も飲めない場合はどうしたらいいでしょうか?


その時は、水や麦茶などのカフェインを含まないお茶を飲みましょう。

この場合、気をつけたいことは、水分補給をする時に、塩分も一緒にとることです。

脱水症状を起こしかけた時に、水だけを摂取してしまうと、血中の塩分濃度が低下して、筋肉のけいれんを起こしてしまう可能性があります。

そうならないためにも、塩飴や熱中症対策のタブレットなどで、塩分も一緒にとるようにしてください。

熱中症予防に向かない飲み物は?


緑茶や紅茶、コーヒーなどのカフェインが多く含まれる飲み物は、利尿作用があり、体の水分をおしっことして出してしまうため、熱中症の予防には向いていません。


甘いジュースや炭酸飲料は、少しの量でも満足しやすいので、水分の摂取量が不足しやすくなります。


ビールなどのアルコールも利尿作用があり、飲んだ量以上の水分を排泄してしまうので、「のどがかわいたからビール!」と言って、ビールだけを飲むだけにしないで、他の水分もとるようにしましょう。


ビールが飲みたい場合、トマトジュースで割るというのも1つの手です。カクテルのレッドアイと同じです。二日酔いもしにくくなります。「今日は汗を沢山かいたからビールが飲みたい」って時には、トマトジュースを入れてみてください。塩入のトマトジュースじゃない場合は少し塩を足すといいですよ。

スポンサードリンク



効果的な水分補給の方法は?


暑い時期は、のどがかわいたと感じる前に水分をとることが大事です。

スポーツをする時


運動の前後に体重を図り、減った分が汗の量として、70%を水分で補給するといいと言われています。体重が1㎏減ったら、70%の700mlを飲むようにします。

また運動中は15分~20分ごとに休憩して、1回につき100mlの水分を摂取するようにします。そうすると、前後の体重の変化はあまりないかもしれません。

入浴時


入浴すると、汗をかいて水分が失われます。一般的に40℃のお湯に10分間つかると、約500mlの水分が失われます。だからと言って、夏の間お風呂につからないというのは、免疫力を下げたり、自律神経を乱してしまうので、ぬるめのお湯につかるようにします。

入浴の前後にはコップ1杯(約200ml)の水分をとるようにします。あまり冷えすぎたドリンクは控えましょう。

外で遊んでいる時


子供は外で遊ばせる時は、親がそばについている時は、ちょこちょこ水分をとらせます。小学生などは水筒を必ず持たせ、水筒などを置いて遊ぶ際に、水分をとるように言い聞かせましょう。子供たちはのどが乾いたら自分で水分をとっていますが、遊びに夢中になると、汗だくになって遊んでしまいます。水筒を置く前に飲み、水筒を持って移動する時にも飲むようにさせると安心です。


就寝前


人は寝ている間に約180mlの汗をかいているといわれています。夏になると、この量の2倍もの水分が失われています。熱帯夜が続く夏は、エアコンなどをかけて、ある程度部屋の温度を下げますが、汗はかいていますので、まずは寝る前にコップ1杯の水を飲みます。

夜中にトイレに起きる人は、枕元に水や麦茶を準備して、その都度、水分補給すると脱水しにくくなります。

起床時


忙しい朝、水分を摂るのを忘れる人も多いです。朝に1杯の水を飲むと、内臓の動きも良くなり、便秘解消にもなります。必ず、1杯の水を飲むようにしましょう。

最後に・・・


軽い熱中症でも、頭がガンガンして、吐き気がでることもあります。

そうならないためにも、水分は意識してとるようにしてください。

のどが渇く前に飲むのを徹底して、塩分も適度にとれば、熱中症は予防できます。大人も子どもも涼しくなるまでは注意したいですね。



スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ