腎機能を回復させたり高めたりする食事は?慢性腎臓病(CKD)を予防しよう!

慢性腎臓病(CKD)って聞いたことがありますか?


実は成人の8人に1人がこの病気にかかっていて、患者数は1330万人もいると言われています。


今は何も症状がなくても、実は体の中でCKDが進行していて、気づいた時には自然に治すことができなくなっているということにもなりかねません。


そこで、日頃から腎機能を高めたり、回復させるために毎日とる食事から気をつけてみませんか?

スポンサードリンク



腎機能を回復させる食事


腎臓は1度機能が低下してしまうと、自然に治すことができない臓器です。でも、日頃から気をつけて、腎機能の低下を予防しておけば、慢性腎臓病(CKD)の心配も少なくなります。


そこで、腎機能を高めたり回復させるためにまず気をつけたいのが食事です。


人間の体は、冷やしていいことはありません。免疫力を上げるのも、体温を上げることが1番いいと言われるように、腎臓にも体を温めてあげることが1番です。


そこで、体を冷やす食事をやめ、温める食事をとるのが理想です。


だた、腎機能を回復させるためには、ただ体を温めるだけの食事を摂るのはいけません。


その辺りの注意点もあるので、気をつけてくださいね。


カリウムを含む食べ物


塩分(ナトリウム)を多くとりすぎると、体に水分がたまり、むくみが出たり血圧が上がります。


血圧が上がると腎臓への負担も大きくなる為、塩分のとり過ぎに気をつけなければいけません。これは、妊娠中のお母さんも同じような症状になるので、塩分が悪いというのはわかると思います。


そこで、その塩分(ナトリウム)を排出する利尿作用があるカリウムを含む食べ物を食べるといいです。ただ、病状が進行してきた場合は、摂取量に制限があるので、気をつけてください。


カリウムを多く含む食べ物

・パセリ
・豆みそ
・よもぎ
・アボカド
・納豆
・ほうれん草(生)
・ザーサイ
・アスパラ
・人参
・やまといも
・ぎんなん
・大豆(ゆで)
・里芋
・あしたば(生)
・わかめ
・ひじき
・切り干し大根
・焼きのり
・きゅうりのぬか漬
・こんぶつくだ煮

中には免疫力を高めるLPSが多く含まれる食品と同じものもありますね。
免疫力を高めるLPSが多く含まれる食材は何?


体を温める飲み物


体を冷やさない為に、飲み物にも注意が必要です。


温かい飲み物だと、飲んだ時は体が温まったような気になりますが、実は温かくして飲んでも、体を冷やす飲み物があるんです。

体を温める飲み物は

・たんぽぽコーヒー(エキス)
・ココア
・紅茶
・玄米コーヒー
・はぶ茶
・柿の葉茶
・すぎな茶
・三年番茶
・梅しょう番茶

胃が悪くなければ、生姜をココアや紅茶に入れて飲むといいですよ。少し飲んだだけでも、体がポカポカしてくるのでお勧めです。


腎機能を回復させるたり高めたりするためには、体を温めることを頭に入れておけばいいですよ。


腎機能を回復させるおすすめのメニューは?


腎臓が弱ってきた場合、たんぱく質のとり過ぎはダメです。それは、腎臓に負担がかかる“燃えかす”がでるからです。


でも、たんぱく質をとらないと、エネルギー不足になるのが問題になります。そこで、おすすめのメニューを紹介します。


・サバの味噌煮(さば、味噌、ショウガ)
・納豆(納豆、ネギ、のり)
・玄米ごはん
・味噌汁(ほうれん草)
・生野菜ジュース

・豆腐あんかけ(豆腐、さやえんどう、しめじ、ねぎ、にんじん)
・うめおろし和え(うめぼし、わかめ、だいこんおろし、きゅうり)
・玄米ごはん
・味噌汁(もやし、麩)
・生野菜ジュース


お漬物などの発酵食品も体にいいですが、塩分には注意してくださいね。


最後に


腎臓が悪くなるなんて、周りにいないと気にしていませんでしたが、子供の友人が腎機能が悪く、年に数回、検査入院等をしているのを知って、普段から気をつけられることはやらないといけないな~と改めて思いました。


それに、今は国民病といわれる慢性腎臓病(CKD)の患者数を聞いて、自分の事も心配になりました。


うちでは、健康診断をしているので、今のところ大丈夫ですが、健康診断をしていなければ、そのまま気付かず、どんどん腎機能が低下することも考えられます。


今回は食事だけですが、これだけでも気をつければ、悪い結果を出さなくて済むかもしれません。日頃から、バランスの良い食事をとって、体温を上げて、健康な体をキープしたいですね。




スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ