洋服の処分はいつする?タイミングや捨て方のコツ

いつの間にか増えている洋服。
そんな洋服に困っていませんか?

「これは高かったから」
「これは痩せたら着るつもり」
「いつか着る機会があるかも」

こんな風に思って、捨てることができない洋服は、そのうちクローゼットや洋服タンスからあふれ出し、部屋が散らかっていきます。

・着たい服がみつからないから新しい服を買う人
・沢山洋服はあるのに、何となくもう似合わない気がして新しい服を買う人

こうやって新しい服を毎年買うことも、収納のごちゃつきの原因に。

そこで、洋服の処分はいつした方がいいのか、迷わず捨てられるコツを紹介します。

スポンサードリンク


洋服の処分はいつする?

洋服を処分するきっかけになるのは、新しく洋服を購入するときです。

新しい洋服の代わりに古い洋服を捨てるようにすれば、収納場所からあふれることはありません。

洋服を買いたくなったら、先に捨てておくか、購入した後に同じ枚数だけ処分するようにしましょう。


でも、それができなくて悩む人も多いですね。

こんまりさんの片付け法では、「ときめかない洋服」を捨てます。

やましたひでこさんの断捨離では「1シーズン着なかった洋服」を捨てます。

Dr.コパさんの風水では「3年経った洋服」を捨てます。

何かしら基準を決めて捨てないと、洋服を減らすことは難しいです。でも、そんな基準も決められない人は、1度着てみることをおすすめします。

捨てようか迷う洋服は着てみよう!

大きな姿見を用意して、着ないけど捨てられない洋服をすべて着てみます。

着てみてサイズがきつかったら捨てましょう。
着てみて自分に似合わないと感じたら捨てましょう。

実際に着ないで頭の中で考えようとすると、「捨てられない」思いが沸き上がりまた洋服の処分ができなくなります。

さっと捨てると決められなかった服は、迷い箱を用意して入れて1人でファッションショーをしてみましょう。

これが結構客観的に見れていいんです。

私も捨てられない人だったんですが、最近はこの1度着てみる方法で、自分の服はどんどん捨てられるようになりました。

入ると思ったジーンズが入らなかったり・・・
最近の流行りの服とはかけ離れたデザインだったり・・・
昔は似合う色だったのに、いざ着てみると顔がくすんで見えたり・・・

こうなったら、すぐ処分できます。

タンスやクローゼットに着ない服が沢山あると、洋服が沢山あるから大丈夫って思ってしまいますが、実は着れない洋服ばっかりで、いざお出かけに「何を着ていく?」ってことも。

1度着て自分で納得して捨てると、次の買い物でも慎重になるのでお勧めです。

スポンサードリンク


切って掃除に使おう!

綿の比率が多いカットソーやTシャツは、切って掃除に使うことで処分しやすくなります。

私の場合、子供服も下の子にって取っておく悪い癖がありました。

下の子がその洋服を着れるようになった時に出すと、白い服は黄ばみが出たりして結局着れなかったことがあります。

☆毎年着る白い服の黄ばみを防ぎたい方は参考にどうぞ
洗濯物の黄ばみ・黒ずみを取る方法!大事な衣類を白くケアする方法は?


でも、まだ着ることができる服を捨てるという行為ができなかったので、小さく切ってウエスにして掃除に使うようにしました。

すると、掃除用の布がなくなると、「切れる服はないかな?」と探しはじめ、どんどん処分できるようになりました。

雑巾を洗うのが面倒な、サッシの溝の掃除やトイレ掃除には、この使ったら捨てられる布が便利なんです。

捨てることに抵抗がある人にお勧めです。

最後に

洋服の処分は、自分の分だけだったらさっと出来ますが、家族が多くなると、その分管理も大変になってきます。

1番いいのはやっぱり、買う時に同じ枚数捨てること

そうすれば、これ以上洋服を増やすことは無くなります。

今ある洋服が多すぎて困っている人は、掃除に使ったり、着た姿を鏡で確認して、自分が管理しやすい数に減らした方が楽ですよ。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ