口腔アレルギーの原因は何?花粉症の人に注意が必要な果物とは?

花粉が飛ぶ季節。


うちの家族も花粉症が多いので、くしゃみに鼻水、ひどい時は喘息をおこしたり、皮膚に湿疹ができたりして、大変な状態になってしまいます。


花粉症の症状だけでも、色々心配な事が多いのに、小さい時から気になる症状があるんです。


それは、口の中がかゆくなること。これは口腔アレルギー症候群というアレルギーなんですよ。


今回は、そんな口腔アレルギーの原因になる果物や症状について紹介したいと思います。

スポンサードリンク



口腔アレルギーとは?


花粉症になった人がある特定の食べ物を食べると、数分で舌やくちびるがはれてかゆくなったり、口の中やのどにかゆみやイガイガを感じるアレルギー症状がでます。


口腔アレルギーは花粉症+食物アレルギーの組み合わせで起こると言われています。こういうアレルギーを花粉・食物アレルギー症候群(PFS)とも言います。


うちの子も、あるものを食べると、口の中にかゆみが出てきます。その原因となる食べ物は・・・


口腔アレルギーの原因は?


ある人は、焼きそばを食べると口のなかにかゆみやイガイガを感じ、顔がはれ上がるなどのアレルギー症状がでたそうです。
その原因食材は大豆を発芽させた豆モヤシでした。


大豆が原因のアレルギー症状はうちの子にもでます。特にきなこや豆乳は大豆に比べて多く摂取してしまうので注意が必要です。


花粉症と食材の組み合わせが悪いもの


【春】
ハンノキ・シラカバ・・・リンゴ、モモ、サクランボ、ビワ、キウイ、大豆(豆乳)

【夏】
イネ科カモガヤ・・・メロン

【秋】
ブタクサ・・・メロン
ヨモギ・・・セロリ、クミンなどの香辛料

特に北海道などでは、花粉症があるというイメージがないんですが、実はシラカバ花粉症が多いそうです。

その花粉症患者の50~70%が口腔アレルギーの症状が出るという事なので怖いですね。

シラカバ花粉症患者はバラ科の果物や豆乳には注意が必要です。知らずに、ずっと食べていて、重症化してしまうと、これらの果物などを食べたり飲んだりできなくなるのと、豆乳のように飲みものになっていると大量に飲みこんで、呼吸困難などの重い症状が出てしまうので、おかしいな~と思ったら注意してくださいね。


予防としては、口腔アレルギー症候群の原因となる果物や野菜を食べないようにすることです。上にあげた果物だけじゃなく、同じ科に属している食材は、共通のアレルゲンを持っているので注意が必要です。まれに花粉症がなくても発症する場合があるります。

スポンサードリンク


うちの子の口腔アレルギーの原因や症状は?


子供が小さい時に、ある食べ物を食べると口の中がかゆいと言い出しました。

小さい時は好き嫌いがあるので、嫌いだからいってるのかな?なんて思っていたら、本当にかゆそうなんです。

その時の原因になったものは
・トマト
・ナス
・キウイ
です。

上記で出てきた食材ではないですね。

それにうちの子はスギとヒノキの花粉症なんです。

良く調べてみると、スギ花粉の患者はトマトで口腔アレルギーが出やすいんです。

うちの子は口の中やのどにかゆみが出るのがほとんどですが、1人ひどい症状がでたことがあります。

それは、大豆の大量摂取です。

節分の豆をおいしそうに沢山食べていたら、翌日、目の下が膨らむというアレルギー症状を起こしました。その子も花粉症ですが、耳鼻科で簡単なテストをしただけなので、何の花粉症なのか、今もわかりません。

ただ、本人もその時の恐怖があるのか、大量に食べるのは控えるようになって、症状はでなくなりました。

最後に

花粉症はマスクなどで予防できますが、それに組み合わされた口腔アレルギーは、本人が気づかないと大変なことになってしまいます。

そして、うちの子を見ていて思うんですが、何かしらのアレルギーを持っていると、色んな事でアレルギーを起こしているような気がします。

ホコリで目にかゆみがでたり、食べ物で口の中がかゆくなったり、前触れもなくじんましんがでたり・・・でも、体に症状がある時は、すぐにアレルギー科や小児科などに行って、抗アレルギ-剤をもらって飲ませるなどして、早く対処してあげることで症状は改善するので、心配な時は早く病院にかかるようにしてくださいね。

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ