女性の薄毛の原因は何?今日からできる対策は?

はげっていうと男性のイメージですが
薄毛だと女性でも悩んでいる人が多いですね。


お年寄りになると、地肌が見えるくらい
髪の毛が少なくなってるおばあさんもいますが
やはり、女性は髪型でおしゃれもしたいし、
薄くなってくると色々心配な部分があります。


その、女性の薄毛には色々な原因があります。
今回は薄毛の原因と今からできる対策などを紹介します。

スポンサードリンク



女性の薄毛の原因は?


女性の薄毛の場合、いろいろな原因があります。


1、ホルモンバランスの乱れ
2、ダイエット
3、仕事や家庭のストレス
4、脱毛症

女性の薄毛の場合、これらが複合的な原因になっています。


ホルモンバランスの乱れが原因の薄毛は、
更年期を迎える50歳前後に多く見られます。


私の周りでも、中学生や高校生のお母さんは
髪が薄くなってきている人が多いです。
年齢は40歳~50歳ぐらいなので、
ホルモンバランスの乱れが原因かもしれないですね。


ダイエットが原因の薄毛も多いです。
昔流行った、○○を食べるだけ・・・というダイエットをしていると
偏食になってしまい、栄養バランスが崩れて、
それが後々薄毛になってしまいます。


仕事や家庭のストレスも、女性を薄毛にしてしまいます。
ストレスがかかることで、睡眠不足になったり
過食になったり食欲がなくなったり、自律神経も乱れ
頭皮にも影響がでてしまいます。


でも、なかなかストレスなく生活するというのは
難しいですよね。


そして、脱毛症が原因で髪の毛が薄くなる


これが1番心配な原因です。


その脱毛症について詳しく説明しますね。


薄毛の原因になる脱毛症とは?


頭髪は毛根の毛母細胞で作られています。
その細胞は

細胞の動きが活発な成長期

働きが衰えてしまう退行期

働きが止まる休止期

抜ける


正常な場合は、このようなサイクルになり
2~6年周期で繰り返されています。


でも、成長期の途中で抜けてしまうことがあり
そういう抜け毛が増える事が脱毛症になります。


その場合の毛は細く短く柔らかい毛になるので
自分の抜け毛がどのような状態か見てみるのも
脱毛症じゃないかの判断になりますね。


特に女性で気を付けて欲しいのが、びまん性脱毛症です。
これは頭頂部から全体的に、徐々に薄くなっていくのが特徴です。


女性の場合、髪の密度は20歳
髪の太さは35歳ごろがピークで徐々に下降して
女性ホルモンの減少が急激に起こる40代~50代で
髪質などもかわってきます。


ということは、その前に対策をしておくのがいいですね。


そして、脱毛症の原因の1つに甲状腺ホルモンの低下もあげられます。
その場合は、抜け毛だけじゃなく、むくみが出たり
急に太ったり、やる気がなくなったりと他の症状もでます。
これは、病院で血液検査をすれば、甲状腺ホルモンの異常はわかります。
心配だったら、1度病院へ行かれるといいですよ。

スポンサードリンク


薄毛の対策はどうする?


まずは、日常生活から気を付けましょう。

大事なことは

・バランスの良い食事
・運動
・睡眠

です。

頭髪はたんぱく質でできているので、
良質なたんぱく質を摂るように心がけます。

そして、

・豆
・ゴマ
・ワカメ
・野菜
・魚
・椎茸
・芋

を意識して食べてください。


運動は激しい運動ではなく、有酸素運動をしてください。
踏み台昇降やウォーキング、その場で太ももあげなどが簡単にできます。


そして、成長ホルモンの分泌が活発になる
午後22時~午前2時の4時間の間には就寝しておきましょう。
この時間に就寝すると、お肌にもいいことがわかってますよ。


シャンプーやマッサージのやり方


育毛剤はどちらかというと、髪を生えさせるのではなく
抜けにくくして、髪を健康にしてくれる効果があります。


育毛剤にばかり頼らず、頭皮をマッサージしたり
マッサージ前の洗髪でも気を付けると
更に効果は期待できます。


まずはシャンプーです。


スカルプシャンプーなどを使うと髪を抜けにくくしてくれます。
また、花王のセグレタシャンプーは、薄くなってきた頭頂部の髪の
根元部分をふんわりさせてくれるので、髪型で薄い部分をカバーできます。


シャンプーする際は、まず、頭皮マッサージ用ブラシでブラッシングをして
シャンプー前にはお湯で予洗いをします。


そうすることで、汚れが落ちやすくなり
少ないシャンプーでも泡立って、すすぎ残しも防げます。


シャンプーの後には、マッサージを行います。
ますは首の付け根をほぐし、こめかみや頭頂部をほぐします。


そして、後頭部、側面、前面の順番で
生え際の髪を引き上げるようににぎります。
(あまり強くしないようにしてください)


最後に指先で、頭皮をつまみあげるようにします。


マッサージが終わったら、髪の毛を乾かします。
その時に注意したいのが、濡れたまま放置することです。


女性は髪が長かったり、育児などで忙しいと
タオルなどで髪をまとめて、あとで乾かすってことも多いです。
でも、こうすることで、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなるので、
タオルドライをしたら、ドライヤーを使って根元からかわかしてくださいね。


最後に


女性の場合、子育てをしている時は
自分の事は後回しにして・・・という場合が多いです。


そのつけが、子供が大きくなって、40代後半ごろから
体型の変化、肌の変化、そして、髪の毛の変化などがおき


早くから気を付けていた人は若々しく
本当に、ほったらかしにしていた人は急激に老ける


こういう事が起きるのだと思います。
特に薄毛の場合は、病院で治療する場合、
原因によっては保険診療ができなかったりもするので
そんな状態になる前に、自分でできることをやっておきましょう!

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ