おからは冷凍保存できるの?その場合の期間は?

節約やダイエットに最適のおから

豆腐を作る時にできるおからは
豆腐と同じで冷凍できないんじゃないの?

そう思ってしまいますが、
実は冷凍保存できるんです。

スーパーでも、あまり買う人がいないのか
割引シールが貼られているおからを見つけると
私は大量買いして、冷凍保存しています。


そこで、おからの

・冷凍保存のコツ
・保存できる期間はどれくらいか
・冷凍する時におすすめのレシピ

を紹介します。参考にどうぞ!
スポンサードリンク


おからを冷凍保存する時のコツは?


生のおからは、買ってみるとわかるんですが
小さい袋にぎゅうぎゅう詰めにされていて、
袋から出してみると、結構大量に入ってます。

家族が多いうちでも、1度で料理をするのは無理かな~って感じの量です。


うちで冷凍保存する時は

1、使わない分をそのまま冷凍する
2、料理したものを冷凍する
3、フライパンで乾煎りして冷凍する

このように分けています。

生おからの冷凍保存


生のおからは賞味期限も短く、
私みたいに賞味期限ぎりぎりのおからを購入したら
すぐに冷凍しないと、味が悪くなったり、お腹を壊しそうですからね。


そのまま冷凍する際は、固まりで冷凍すると
後で使う時に解凍が大変で使いにくいので、
ラップに100gずつ分けて、1㎝ぐらいの厚みにしてから
ジッパー袋に入れます。

分けるのが面倒な~って人は、大き目のジッパー袋に
冷凍する分をすべて入れて、箸を使って、袋の外から
4等分や6等分に筋を入れて冷凍してください。
そうすると、ポキッと折って、使う分だけ取り出せます。


料理したおからの冷凍保存


料理したものを冷凍しておくと
お弁当に入れたり、ちょっと一品足りない時や
食事の準備に時間が取れない時に便利です。

これは、後でおすすめのレシピを紹介しますね。


乾煎りしたおからの冷凍保存


フライパンで乾煎りして冷凍すると、
生のままで冷凍するより保存期間が長くできますが
やってみた人はわかると思いますが、結構大変です。

焦げつかないように、フッ素加工されてフライパンにおからを入れ
中火で15分~20分ほど、水分を飛ばすように煎っいきます。

量が多いとなかなかサラサラにならないし、
ちょっと油断すると焦げてきたりするので、
面倒だな~と思う人は、電子レンジを使ってください。


でも、電子レンジも数回混ぜる工程があるので
面倒といえば、面倒です。


電子レンジのやり方は
平たい大き目のお皿に、生のおからを広げ
ラップなどでふたをしないで、そのまま500W で6分ほどチンします。
1度外に出し、かたまっている部分をほぐして、中の水分も飛ばしてあげます。

そうしたら、またレンジの中に戻し、先ほどと同じ様にチンしてほぐします。
3回ほどして、水分がよく飛んだら、冷ましてジッパー袋に入れて冷凍します。
フライパンでやるよりは簡単です。

スポンサードリンク



どれくらいの期間、冷凍保存できるの?


生のおからを冷凍したもので10日~2週間
料理をしたおからは、1週間~2週間
乾煎りしたおからは1ヶ月

を目安に使い切るようにしてください。

冷凍庫の状態によっては
もっと早く使い切った方がいい場合もあります。


うちでは近所に親戚が住んでいて
おからの煮物を冷凍したものをもらったりします。

「1週間ぐらい前に冷凍した」と言ってもらったおからの煮物が
もらったその日に食べようとしたら、変な臭いがしていて
悪いとは思いつつ、処分したことがあります。

冷凍庫に臭いがある場合は、臭い移りが起こってしまうので
早めに使うか、ラップで2重に包んで、
ジッパー袋に入れるなどしてくださいね。


冷凍保存におすすめのレシピは?


おからの煮物


定番のおからの煮物ですが、
うちの方は田舎の方で、ちょっと甘く濃い味付けなので
冷凍して弁当にいれても十分おかずになります。

そして材料に、ニラを使っているのが珍しいです。

運動会のお弁当などに使う予定がある時は
半分に切った油揚げを甘く煮たものに詰めて冷凍します。

お弁当に入れる時は、冷凍のまま詰められて、
器としての油揚げも食べられます。
油揚げの味付けが難しかったら、
いなり用の味付けされたものを使えば簡単です。

■材料■
おから200g
鶏肉・人参・干しシイタケ・こんにゃく・油揚げ・ニラ(量はお好みで)
砂糖・・・大3
しょう油・・・大3
和風だし・・・お好みで
酒・・・大1
みりん・・・大1
   

■作り方■
干しシイタケは水で戻しておきます。
戻した時に出ただしは使います。

鶏肉・人参・戻したシイタケ・こんにゃく・油揚げは小さ目に切ります。
量はお好みで(うちでは子供の好みに合わせて、具は多いですが小さく切ります)

大き目の鍋に、油をいれ、切った材料を炒めます。
ある程度炒めたら、砂糖・みりん・酒を入れ、水・しょう油・和風だし(少々)
で味付けします。
干しシイタケの戻し汁も入れてください。
(うちでは甘い方が好きなので、砂糖から順番に入れていきます)


材料に火が通ったら、おからを入れて水分が少なくなるまで混ぜます。
最後に、細かく(7㎜幅ぐらい)切ったニラを入れます。
独特の匂いがありますが、これが結構食欲をそそってくれます。
    
ニラを入れて全体的に混ざったら、火を止めて出来上がりです。

冷ましてから、お弁当用にカップに入れて、タッパーで冷凍保存したり
小分けして、ラップに包んで、ジッパー袋で冷凍保存したものは
一品欲しい時に解凍して食べています。


おからクッキー


ダイエット向きのおからクッキーです。
ホットケーキミックスを使うので簡単に作れます。
クッキーを焼く前の種を棒状にして1本ずつラップに包み
ジッパー袋に入れて、冷凍保存します。

クッキーの種は凍っていた方が切りやすいですよ。

■材料■
ホットケーキミックス・・・200g
生おから・・・200g
マーガリン(バター)・・・45g
砂糖・・・45g
卵・・・1個
メープルシロップ・きな粉・・・お好みで

■作り方■
生のおからをフライパンで煎ります。
面倒な時は、冷凍保存の時のように電子レンジでもOKです。
(香ばしい方が好きな方は、フライパンでしっかり乾煎りしてください)

マーガリンかバターを電子レンジ500Wで30秒くらい温め
砂糖と卵を入れてよく混ぜます。

そこにホットケーキミックスとおからを入れて
よく混ぜ合わせます。

プレーンが好きな場合はそのまま。
うちでは分けて、きな粉やメープルシロップ、
砂糖を少し減らして黒糖を入れたりして味を変えます。


それを直径3㎝ほどの棒状にして
ラップに包みます。

クッキーの生地が柔らかい時は
ホットケーキミックスを足して、いい硬さにしてください。

ラップに包んだものをジッパー袋に入れ
冷凍庫で保存します。


クッキーを焼く時は、少し常温に置いて、切りやすい硬さにしてから
5㎜ぐらいの厚さに切って、オーブンの天板に乗せて焼きます。


うちの場合はオーブンレンジのオート機能を使って焼いてますが
オーブンを使う場合は、180℃に予熱したオーブンで18分ほど焼いてください。


うちの場合は、サクッと食べたいので、
焼きあがったものを見て、しっとりしていたら
もう少し焼き時間を増やします。


少しオーブンの中に入れておくと
サックサクのクッキーになります。


おからを使っていてヘルシーなので
ダイエット中のおやつにも最適です。


最後に


おからの冷凍保存について、いかがでしたか?


おからの煮物って意外と子供たちも好きなんですが
ちょこちょこ作るのは面倒なので、沢山作って冷凍すると
本当に便利です。


おからクッキーの生地も、おやつがない時に
切って焼けば食べられるので、うちでは重宝してます。


長く冷凍保存すると、味や風味もかわりますが
日持ちがしないおからは、冷凍保存をおすすめします。

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ