ベットのマットレスの手入れ方法!ダニやカビはこれで撃退!

ベッドのマットレスってお手入れしてますか?


最近はお布団で寝るよりも、
ベッドを使っているお宅が多いですよね。

うちもそうです。


そのベッドのマットレス。
きちんとお手入れをしていないと、ダニが発生したり
カビが生えたりして大変なことになります。


うちには、ダニアレルギーの子どもがいるので
特にダニには気を付けていますが、以前失敗したことも・・・。


そこで、うちの失敗談も踏まえて
ベッドのマットレスの手入れの仕方やダニ・カビ対策について紹介します。
参考にどうぞ!

スポンサードリンク


マットレスにダニが発生したらどうする?


マットレスにダニが発生したって気づくのは
ダニアレルギーの子どもが咳をし出した時です。


風邪をひいているわけでも、花粉症の時期でもない場合
考えられるのは、ダニかハウスダストが原因です。


いつもと同じように掃除もしているのに咳が出るなら
ベッドのマットレスにダニが発生していると思ってください。


そうでなくても、家の中には目に見えないだけで
ダニが沢山いるんですよ。


ベッドのマットレスにダニが発生したかもしれないと気づいた私は
ドラッグストアに行き、「ダニがいなくなるスプレーを購入して
ベッドのマットレスにしっとりするぐらい吹きかけました。


そして、マットレスが乾いたら
布団専用ノズルを付けた掃除機を使って、表面を掃除しました。
裏も同じように、スプレーをかけて乾かして、掃除機で掃除しました。
そうすると、子供の咳が収まってきました。



ただ、このスプレーはダニが嫌がる匂いをつけてあるようで
子供には香りがきつかったりします。
その場合は、マットレスを掃除機で掃除するだけでも
吸い込まれたダニ同士が、ぶつかりあって死滅するので
掃除機だけはかけるようにしましょう!


スポンサードリンク



ダニやカビを予防するための手入れ法は?


ダニやカビの発生は湿気が原因です。

そこで、湿気をためないように手入れします。


金額が高いマットレスだと、湿気を逃がす空気孔がありますが
ちょっとリーズナブルなマットレスには、空気孔がないので
干してあげないといけません。


シングルサイズのマットレスなら
女の人でも立てられるので、天気が良いに日に
ちょっと壁に立てかけて干してあげます。


ダブルサイズになると、持ち上げるのが大変です。
そんな時は、丸めたバスタオルをマットレスの左右に差し込んで、
マットレスとフレームにすきまを作ってください。
端の方をちょっと持ち上げるのは、女性でもできます。


風がない時は、扇風機で風を送ってください。



更に、ダニが発生しそうな場合は
雨の上がったあとや熱帯夜の翌日に
ダニ対策のスプレーを吹きかけて、掃除機をかけます。
乾きが悪そうな日は、布団乾燥機の熱で対策しています。


もしもダニが発生していたら、スプレーや布団乾燥機の熱で死滅しますが
そのままにしておくと、ダニの死骸がアレルゲンになります。


ですので、掃除機をかけるのは必ずやってくださいね。
うちでは、これを定期的にするようになって、子供のアレルギーは出ていません。


うちの失敗はフレームが原因


今はマットレスやベッドを買い替えていますが
昔、マットレスにカビが生えたのは、
ベッドのフレームが原因でした。


ベッドのフレームのマットレスをのせる板の部分が
すのこタイプではなく、板に布をはったものだった為、
通気性が悪く、梅雨時期や夏の汗をかく時期に
マットレスと板の部分に湿気がたまり、カビが発生してしまいました。


そして、ベッドの下が収納タイプになっているものも
カビが生えてしまいました。


そこで、新しくベッドを購入する時は
マットレスには空気孔があり、フレームはすのこタイプ
下には何もないものにして、物を置いたりするのもやめています。


こうすることで、カビの発生はありません。


最後に


シーツやベッドパッドは、洗濯もしやすく
洗い替えもあるため、ちょこちょこ洗濯できますが
マットレスになると、洗うこともできないので
何もしない・・・という人も多いかと思います。


最初は大丈夫でも、長年使用していくうちに
汗を吸って湿気がたまり、髪の毛や皮膚をエサにしてダニが発生したりします。


酷い人は、ダニに体中を刺されて、1ヶ月ほど
かゆみと戦ったこともあるそうです。


そうならない為にも、定期的にマットレスのお手入れをしてくださいね。

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ