炭の効果が続く期間は?何度も使えるの?

先日、オープンしたばっかりの焼肉屋さんで
オープン記念品として『炭』をもらいました。


消臭や除湿に効果があるという『炭』
使い方は説明書に書いてありますが
どれくらい使えるかとかはさっぱり。


そこで、炭の効果やどれくらい使えるかなどを調べてみました。
私と同じように、気になっている方の参考になれば幸いです。

スポンサードリンク



炭には種類がある


100円ショップなどにも売られている炭。
その炭に種類があるのを知っていますか?


炭は、原料や製法の違いから3種類に分けられます。


竹炭・・・飲料・除湿向き
白炭(備長炭)・・・飲料・料理向き
黒炭・・・除湿・脱臭向き

私がもらったのは竹炭でした。
竹炭は竹から作られていて、黒い粉が出にくいです。
黒い粉が少ないので、ご飯を炊く時や水の中に入れて使えます。


今回、うちでは、冷蔵庫の消臭に使ってみました。


炭の使い方は?


消臭や脱臭、除湿で使う場合は
そのまま置いておいても大丈夫です。
ただ、冷蔵庫の中や、見た目を気にする場合は
可愛い布に包んだりして置けばいいですよ。


雑貨屋さんで売られているものは
可愛くラッピングされてたりするので
そのまま使えますね。


私は冷蔵庫の消臭剤として使ってみました。
丁度、キムチを購入していて、
冷蔵庫の中が臭くてたまらなかったからです。


そこに、炭を入れてみると
数時間で臭いが軽減されました。


消臭剤として使う場合は、臭いを良く吸う
炭の穴の数が多いものを使うといいです。
その場合に使う炭は「竹炭」か「黒炭」がおすすめです。


その他の使い方としては、
ご飯を炊く時に入れたり、下駄箱などの湿気取りや
靴の脱臭など色々あります。


ご飯を炊く時に使うのは「竹炭」か「白炭」にします。
炭を入れると、水道水のカルキ臭や米ぬかの臭いを吸い取ってくれ
炭のミネラルで、ご飯がふっくら炊きあがります。


湿気取りに使う場合は、「竹炭」か「黒炭」にします。
その場合、置く場所に注意が必要です。
湿気がある空気は、下の方に溜まりやすいので
炭は下の方に置くようにしてくださいね。

スポンサードリンク



炭の効果は再生できるの?どれくらい使える?


まず、使う前に水でよく洗って乾かしておきます。
それは、炭の穴に入っている汚れを取る為です。

特に飲食用に使う場合は、この下処理をきちんと行ってください。


再生方法


除湿や脱臭に使っていると
炭の細かい穴に湿気や臭いがどんどん吸着されます。

そうすると効果が無くなってくるので
水洗いをして煮沸消毒をして、しっかり乾燥させます。
その時に洗剤は絶対使わないようにします。

たわしで水洗い・・・流水で炭をたわしてこすります
煮沸・・・沸騰したお湯で5~10分煮ます
乾燥させる・・・洗濯ネットに入れて、風通しのいい場所に吊るして干す

この順番でやってください。

使用できる期間


炭は再生をしながら3ヶ月~6ヶ月ほど使えます。
除湿で使う場合、梅雨のように湿気が多い季節は
使用できる期間も短くなります。
飲食用としては、10回ほどを目安に使って下さい。


上手に使う方法としては
まず最初に飲食用に使って、次に除湿と脱臭に再利用。
そして最後は、砕いて園芸用にすると、無駄なく使えます。


最後に


もらった時はどうしよう・・・と思った炭ですが
意外と色んな事に使えて便利だなぁと思いました。


それに、自然の物で、
最後まで無駄なく使えるというのもエコでいいなぁと思います。


炭って言うと、手についたら黒くなる・・・
実は下処理をしておけば、そんな風になることもないというのも
今回の事でわかりました。


もし、炭をもらって持て余していたら
1度、自分の生活に合った方法で使ってみるといいですよ。

スポンサードリンク


オススメの記事

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ